俳優イ・スヒョク、日本の連続ドラマ出演決定!

THE FACT JAPAN / 2017年6月10日 10時23分

イ・スヒョクがTBS連続ドラマ「ごめん、愛してる」1話にメインゲストとして出演する。|YG ENTERTAINMENT JAPAN

俳優、イ・スヒョクが、TBS日曜劇場7月スタートの連続ドラマ「ごめん、愛してる」1話にメインゲストとして出演することが決定した。イ・スヒョクは1988年生まれ。BIGBANG、PSY、チェ・ジウなどと同じYG ENTERTAINMENTに所属する、韓国ソウル出身の俳優。184cmの高身長と抜群のスタイルを生かし、2006年にモデルからキャリアをスタート。モデル界でトップに上り詰め、俳優としては2011年から本格的に活動。「我が家に住む男」「夜を歩く」など多数のヒットドラマに出演し、2015年にはアジア・ライジング・スター賞を受賞している。本作品は自身初の日本ドラマへの出演となり、主人公・岡崎律(演:長瀬智也)を兄と慕う韓国マフィアの跡取り息子、カリスマ性溢れる白狼(ペクラン)を演じる。イ・スヒョクは、事前に来日し監督やスタッフとの打ち合わせにも参加。役のイメージについて積極的に提案を行い、カリスマ性を表現する仕草を研究するなど熱心に準備を進め、5月中旬には1話の正念場となるシーンが撮影された。日本の撮影現場の用語や段取りにも即時に対応し、共演キャストに韓国語の台詞の発音をアドバイスしたり撮影の合間に監督やスタッフと談笑するなど、すんなり溶け込む姿が見られた。また、TBSからの事前インタビューにも回答し、「とても有名な作品のリメイクに出演することができて光栄に思います。」「いい演技を見せたい、頑張りたいという気持ちがありました。」「日本でもヒットするといいなと思います。」とコメントを寄せている。初の日本ドラマでどんな演技を見せてくれるのか、期待が高まる。【作品概要】2004年に韓国KBSテレビで制作され、「冬のソナタ」をしのぐ29.2%の最高視聴率を記録、その年の韓国ドラマ界の各賞を総なめにした作品。当時韓国で大ブームとなった究極のラブストーリーを、2017年に舞台を移し日本人キャストで紡いでいく。TBS日曜劇場 7月期ドラマ「ごめん、愛してる」原作:韓国KBSドラマ「ごめん、愛してる」(脚本・イ・ギョンヒ)脚本:浅野妙子
 / プロデュース:清水真由美出演:長瀬智也 吉岡里帆 坂口健太郎 大西礼芳 六角精児 池脇千鶴 中村梅雀 ほか7月スタート日曜よる9時放送【ストーリー】幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた岡崎律(長瀬智也)。底辺で生きる彼の居場所はもはや裏社会にしかなかった。そんな暗澹とした日々を送っていた律は、ひょんなことから一人の女性・三田凜華(吉岡里帆)を助ける。後に、これが二人にとって運命を変える出会いとなる…。◆イ・スヒョク プロフィール1988年5月31日生まれ、韓国ソウル市出身。インスタグラムは約193万人のフォロワーを誇り、海外での人気も高い。【日本公式サイト】www.ygfamily.jp/actors_leesoohyuk.html【Instagram】 instagram.com/leesoohyuk/◆TBS日曜劇場「ごめん、愛してる」公式サイトhttp://www.tbs.co.jp/gomen_aishiteru/

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング