SE7NE出演『メイビー、ハッピーエンド スペシャルコンサート2018』オフィシャルリポートが到着

THE FACT JAPAN / 2018年9月25日 17時51分

SE7EN

韓国・日本で大ヒットの韓国オリジナルミュージカル『メイビー、ハッピーエンド スペシャルコンサート2018』9月23日(日)開催!歌もダンスも極上!SE7ENが“愛”をテーマとした楽曲で、日本のファンへスペシャルコンサートで魅了!

9月23日(日・祝)東京国際フォーラム・ホールCにおいて、韓国・日本で大ヒットしている韓国オリジナルミュージカル『メイビー、ハッピーエンド スペシャルコンサート2018』が開催された。このコンサートには、主演のオリバー役を務めたSE7ENが、ピアノと弦楽器による生演奏に加えて、劇中歌はもちろん“愛”をテーマに自身のオリジナルソロ曲含め、ミュージカルで共演したソン・サンウン、キム・ナムホと共に披露。『エリザベート』『メイビー、ハッピーエンド』『ドッグファイト』など人気ミュージカルに出演してきたSE7ENを中心に、ミュージカル、トーク、ライブコンサートと、ミュージカルとコンサートを融合した画期的なエンターテイメントショーとして、ファンへの特別な愛を贈った。

『メイビー、ハッピーエンド』は、そう遠くない未来、21世紀中盤から後期。雇い主に捨てられたヘルパーロボットのオリバーとクレアが出会い、共に旅をするうちに初めて愛という感情を身につけていく物語。オリバーとクレアの愛の物語に生演奏のオーケストラ、レコードプレイヤーの音が折り重なり、温かく涙を誘う感動的なミュージカル。オリバー役のSE7EN、クレア役のソン・サンウン、オリバーの元雇い主ジェームズ役にキム・ナムホと豪華なキャスティングで人気を博している。

「僕たちはなぜ愛し合ったのだろう」(『メイビー、ハッピーエンド』)でトップバッターを飾ったキム・ナムホに続いて登場したSE7ENとソン・サンウン。「それだけは覚えていて」(『メイビー、ハッピーエンド』)で、素晴らしいデュエットを披露し、いきなり観客を魅了。そして、日本語のオリジナル曲「UNDERSTAND~今さら~」を歌い上げ、「こんにちは。オリバー役のSE7ENです。今回は普通のコンサートでも、ミュージカルでもないですが、この作品で皆さんに会えて嬉しいです。」と最初の挨拶をするSE7ENに歓声が。「ミュージカルのナンバーとオリジナルナンバーもあり、本日はたくさん魅力をお見せします。また、カルテットの皆さんとご一緒できるのも嬉しいです。」と、観客に見所を紹介した。日本語オリジナル楽曲「君が好きだよ」では、「もっとペンライトを振って!」とファンに煽るSE7EN。場内はお馴染みの“7“ペンライトで一色となり、場内はすでにライブハウス状態に!そして、場内は一転、モニターにミュージカルの映像が流れ、「My Favorite Love Story」(『メイビー、ハッピーエンド』)で、SE7ENは傘を持ちながらソン・サンウンとしっとり歌い上げる。さらにSE7ENとソン・サンウン披露した「First Time in Love」(『メイビー、ハッピーエンド』)では、客席からの手拍子で盛り上がりを見せ、楽曲の途中でキム・ナムホが登場。さらに場内を沸かせた。また、スクリーンに劇中のセリフが投影され、「愛とは」(『メイビー、ハッピーエンド』)を披露するSE7ENとソン・サンウン。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング