凶悪犯演じるヒョンビンに注目『ザ・ネゴシエーション』予告編解禁!

THE FACT JAPAN / 2019年6月7日 12時0分

ⓒ 2018 CJ ENM CORPORATION, JK FILM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED



タイムリミットは14時間! 互いに一歩も引けない世紀の交渉がはじまるー

ドラマ「私の名前はキム・サムスン」「シークレット・ガーデン」で視聴者を夢中にさせ、『王の涙 -イ・サンの決断-』の苦悩する王、『コンフィデンシャル/共助』の北朝鮮刑事、どんな役でも魅力的に演じてきた俳優ヒョンビン。日本でも高い人気を誇る実力派俳優ヒョンビンが、初の悪役に挑戦し、さらに映画『私の頭の中の消しゴム』の演技派女優ソン・イェジンとの初共演で話題となった『ザ・ネゴシエーション』が8月30日(金)シネマート新宿ほかにて全国順次ロードショーが決定!

この度、目的不明の凶悪犯を凄みたっぷりに演じるヒョンビンと交渉人役ソン・イェジンの緊張感あふれる対決に注目の予告編が解禁となりました!

ある事件をきっかけに心に傷を抱えたソウル市警危機交渉班の警部補ハ・チェユン(ソン・イェジン)が、タイ・バンコクで拉致事件を起こした目的不明の凶悪犯ミン・テグ(ヒョンビン)から突然交渉相手に指名される。タイムリミットは14時間。果たして、動機も要求も不明の人質犯から14時間内に人質を無事に救出できるのか…。今回解禁となった予告編は、ヒョンビン演じるタイで発生した韓国人拉致事件の犯人ミン・テグが、「今から人質を一人ずつ殺していく」と殺気漂う表情で交渉を迫る場面から始まる。韓国から画面越しに交渉を続けるソン・イェジン演じるハ・チェユンに対し、余裕を感じさせる態度で揺さぶりをかけるミン・テグ。そしてキム・サンホ演じる先輩刑事らの捜査を経て、少しずつ明らかになる要求と彼の正体。特に、本作で悪役に初挑戦したヒョンビンが、時に冷酷な口調で警察をあざ笑うかのように挑発を繰り返す凶悪犯を存在感たっぷりに演じ、新境地を感じさせ目が離せない!

本作で初メガホンをとったイ・ジョンソク監督も「ヒョンビンは生まれ持った魅力と容姿に負けず劣らず監督たちに信頼と力をくれる俳優。本作ではこれまでに見たことのない彼の新たな一面を見ることができるだろう。またソン・イェジンは完璧な役者。映画全体の流れについてもすぐに理解するし、その中で自分の色を出す術を知っている」と二人に対する賛辞を惜しまない。タイムリミットは14時間、果たして交渉の行方は?犯人の目的は?その結末はぜひ劇場で確かめてほしい。

また、6月28日(金)より『ザ・ネゴシエーション』の第2弾前売り特典付き鑑賞券の販売が開始!メインビジュアルをデザインした「特製マグネット」付き鑑賞券は数量限定にてお早めに。(詳細は公式サイトまで http://thenegotiation.jp/)

【Story】  ソウル市警危機交渉班の警部補ハ・チェユン(ソン・イェジン)は、事件現場で犯人との交渉中に人質と犯人の両方を死なせてしまう。それから10日後、事件に大きな責任を感じて辞表を提出しようとしたハ・チェユンのもとに再び応援要請が入る。ミン・テグ(ヒョンビン)と名乗る人物が、タイ・バンコクで危機交渉班のチーム長と韓国人記者を拉致し、ハ・チェユンを名指しで交渉相手に指名する。彼は外事課が以前から追っていた、国際犯罪組織の武器売買業者のリーダーだった。拉致の動機、要求も不明。目的が見えないミン・テグに対し、交渉の糸口を掴めないハ・チェユンに焦りが募り始める―特殊部隊の救出まで残り14時間。警察を嘲笑い、残忍な人質ショーを繰り広げるミン・テグと、数日前に起きた事件のトラウマに苛まれながらも、今度こそ人質の命を救おうと後に引けない交渉人ハ・チェユン。果たして交渉の行方は―

監督:イ・ジョンソク【2018/韓国/113分/カラー/シネスコ/5.1ch/原題:협상/日本語字幕:石井絹香】出演:ヒョンビン『コンフィデンシャル/共助』、ソン・イェジン『Be with you~いま、会いにゆきます』、キム・サンホ『焼肉ドラゴン』、チャン・ヨンナム『国際市場で逢いましょう』、チャン・グァン『トガニ 幼き瞳の告発』、チョ・ヨンジン『ゴールデンスランバー』提供:ツイン、Hulu 配給:ツイン

公式サイト http://thenegotiation.jp/

8月 30日(金)シネマート新宿ほか全国順次ロードショー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング