電通の三浦社長、“JYJの底力に大変驚いてます”

THE FACT JAPAN / 2013年4月3日 17時40分

グループJYJが、本日(4月2日)から3日間、東京ドームコンサートを開催する。|スポーツソウルドットコムDB


[スポーツソウルドットコム|東京=カン・スンフン記者] 日本の音楽や公演業界で優位を先占している各界の代表らが、JYJを“パワーがあふれるアーティスト”と激賛した。
電通ミュージック・アンド・エンタテインメントの代表取締役社長である三浦信樹氏は、最近JYJの所属事務所の関係者に「日本では、コンサートのチケット販売が開始した同時に売り切れることは想像もつかないこと」と述べながら、「(領土問題などにより) 韓流の熱風が潜まる状況のなか、このような結果には驚くばかりだ。JYJは力のあるグループ」と評価した。また、「今回JYJの公演は、平日であるものの3日間のチケット全席が完売された。JYJが3年ぶりで日本活動することになったが、これは相変わらず彼らの人気が高く日本での健在さを誇示していることを意味する。おそらくJYJは、ファンのみならず、人が惹かれる魅力を持っているようだ。ものすごいパワーのあるグループである」と付け加えた。
JYJの東京ドーム公演を担当しているキョードー横浜の代表取締役社長である岡本 哲氏の評価も同じものだった。岡本氏は、「JYJはアーティストとして本当にすばらしい。日本のファンがこの公演をものすごく楽しみにしていたことを今回の公演で証明してくれた。エイベックスとの訴訟にも勝訴しているので、今後彼らの活動にはさらなる期待が寄せられるはず」とコメント。JYJの長所を聞く質問には、「あのマイケル・ジャクソンの振り付けと比較すると、節度のある踊りが相当魅力的だ。JYJの実力に大変驚いた。これから全世界のファンのためにいい姿をみせて頂きたい」と述べている。
一方、JYJは、4月2日から4日まで東京ドームにて「2013 JYJ Concert in Tokyo Dome The Return of the JYJ」を開催。今回の公演を通じて15万人のファンを動員させる予定だ。また、公演の最終日となる4日は、日本全国の映画館で公演の実況が生中継され、ここまでの予想観覧客数まで含めると、およそ21万人におよぶファンが動員される。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング