キム・テヒ、「牛のように誠実な役者になりたい、結婚はまだ...」

THE FACT JAPAN / 2013年7月5日 11時23分

SBSドラマ「チャン・オクチョン、愛に生きる」を通じて、演技の楽しさにすっかりはまった女優キム・テヒ。|チェ・ジェウォン記者


[スポーツソウル|チョ・ヒョンジョン記者] 「牛のように誠実な役者になりたい。結婚はまだ...」

女優キム・テヒ(33)が最近終了したSBSドラマ「チャン・オクチョン、愛に生きる」を通じて自身の演技人生のターニングポイントを迎えた。 2003年のSBSドラマ「スクリーン」でデビューして以来、初めての時代劇挑戦。それに朝鮮時代最高のファムファタールで知られたチャン・オクチョンを新しく解析した‘優しいチャン・オクチョン’に対する視聴者の負担。その影響でドラマ序盤、キム・テヒの演技力について議論が提起したり、視聴率もあまり上がらなかった。


しかし、キム・テヒは苦しい時間を送っただけにいっそう成長した姿だった。猛暑の中で40ヶ所もの報道機関を回ってインタビュー強行軍を行っているため、顔がもっと細長くなり、さらに8月までにはCMと写真撮影の日程が待っている。しかしキム・テヒは湧き出る演技への情熱を隠さなかった。
◇ファンから‘牛のように演技しなさい’って言われました。キム・テヒは、ドラマ終了の感想を、「最初はスケジュールが大変だったので、終わってすっきりした気持ちでしたが、今はさびしくなりました。他のスケジュールで忙しくてドラマ終了を実感しなかったが、暇になって寝る時間が多くなると寂しさが押し寄せてこないでしょうか」と表現した。キム・テヒはドラマのなかで、奴婢の娘に生まれ、ついに中殿(チュンジョン、王妃)の座まで上る役を演じた。愛のためにすべてを賭けたチャン・オクチョンはキム・テヒを成長させた。
"チャン・オクチョンは、純粋で平凡、そして情熱的な女性。一人の男と恋に陥り、愛を守って生き残るために悪行を犯したり悪女になったりもしたが、最終的には元の姿に戻り、愛する人と息子のために死ぬ人物です。そのようなキャラクターをまた演じる機会はなかなかこないと思います。私には非常に意味の深い役割でした」
時代劇特有のセリフのトーンと分量、移動距離の長い撮影現場など、決して容易でない作業だったが、演技の楽しさに目覚めるきっかけになった。キム・テヒは、「演技する過程で、いろいろ大変な経験をして、人間として、または俳優として多くのことを学びました。‘超俗の境’ということまではないけれども、人々の視線と評価に振り回されない精神力をある程度積みました。これまでは責任感で演技をやりましたが、今作では本当に楽しくしましたよ」と打ち明けた。
キム・テヒは、肉体的にも大変疲れて、カメラがない時には目を開ける力すらなかったが、いざ撮影に入ると瞬間的にエネルギーが生じ、チャン・オクチョンに没頭した。彼女は「まるで薬物のように力が出る経験をした」とその時を表現した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング