少女時代、ワールドツアースタート!台湾コン“大盛況”

THE FACT JAPAN / 2013年7月22日 15時32分

ガールズグループ少女時代が、ワールドツアー第1幕となる台湾コンサートを成功的に終えた。|© SM Entertainment


[スポーツソウルジャパン|編集局] ガールズグループの少女時代が、先日20日から~21日の二日間、台湾・台北アリーナで行われたワールドツアー公演の第1本目、「2013 GIRLS' GENERATION WORLD TOUR -GIRLS & PEACE in TAIPE」を開催し、多彩なパフォーマンスと華麗なステージ演出でファンタスティックな公演を繰り広げながら、22000人もの台湾ファンを完全魅了した。
少女時代は今回の公演で、『Gee』、『GENIE』、『Hoot』、『Oh!』、『The Boys』などのヒット曲パレードをはじめ、『I GOT A BOY』、『Dancing Queen』、『Express 999』などの韓国4thフルアルバムのステージ。『PAPARAZZI』、『FLOWER POWER』などの日本ヒットシングルのステージなど、計28曲を熱唱する多彩なステージを披露しながら、ファンを熱狂させた。また台湾ファンらも少女時代のために特別なイベントを用意した。公演初日にはカードセクションを用いてメンバーたちの頭文字を刻みながら「6周年おめでとう!」というスローガンをみせ、二日目には『Baby Baby』のステージで、ファン全員が一斉に「ソシだから幸せです」という文章のスローガンをみせるなど、彼女たちに対する熱い愛情と熱気で少女時代を感動させた。
20日午後5時、公演直前に行われた記者会見では、単独コンサートで台湾を訪れた少女時代の姿を捉えるために、聯合報、中国時報、自由時報、TVBS、GTVなどの現地マスコミが大挙出席。取材競争を繰り広げながら、少女時代に対する熱い関心を実感させた。
一方、台湾公演を盛況裏に終えた少女時代は、今後アジアはもちろん世界に向けワールドツアーを続けていく予定だ。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング