パク・ギウン、日本ファンミーティング開催!ファンとの楽しい時間を満喫!

THE FACT JAPAN / 2013年7月23日 11時37分

©MENTOR


[スポーツソウルメディアジャパン|編集局] 7月20・21日、俳優パク・ギウンが大阪と東京でファンミーティングを開催し、日本のファンと楽しいひとときを過ごした。
昨年放送されたドラマ「フルハウスTAKE 2」が日本でも大ヒット、日本でも大注目の俳優パク・ギウンが、日本公式ファンクラブの発足を記念して、ファンミーティングツアー『ギウン祭り2013~歌って、語って、ふれあって…夏の思い出~』を開催した。「できるなら、ファンの皆さんひとりひとりに挨拶をして、みんなの顔を覚えて帰りたい」、そんな彼の気持ちが込められた交流イベントは、ファンへのかけがえのないプレゼントになったようだ。
第1部、2部に分かれて進行された今回のイベント。第1部では、出演作品を紹介し、俳優パク・ギウンの俳優魂に迫る「ギウン・ロードショー」が展開された。最新作『隠密に、偉大に』のメイキングフィルムとともに出演者とのエピソードを語り、劇中のようにギター演奏を披露する一幕も…。彼は、まだ韓国でも公開されていない自身のアルバムからも数曲を披露し、自作の歌詞でファンに対する想いを伝えていた。さらに『フルハウス TAKE2』では、会場から相手役の女優を募り、胸キュンのシーン再現で会場中に悲鳴のような歓声が響き渡っていた。
第2部は、多様なお祭りゲームでファンとふれあう「ギウン祭り」コーナー。パク・ギウンは、射的(大阪ではスーパーボールすくい)、輪投げ、綿菓子作りなど、日本のお祭り、縁日の雰囲気をファンと一緒に楽しんでいた。その後、舞台を降りてファンの前で直接質問に答えようと、舞台から降り、客席の中へと入り込んでいくパク・ギウン。彼は、「ハイハイ」と元気に手を挙げるファンの姿を目に焼き付けるかのようにしっかりと見渡し、ファンからの質問にもひとつひとつ丁寧に答えていた。また、大阪公演の客席には聴覚障害のために手話でイベントを楽しむファンの姿もあり、彼は、彼女の前でゆっくり口を動かしながら、会話を楽しむひとコマも見られた。ひとりひとりのファンともっと近くで、みんなで楽しく、そんな彼の優しさと気配りが隅々に感じられるイベントとなったようだ。
会場は終始大盛況、大阪、東京での成功裡に終えたパク・ギウンは、そんなファンの熱い声援に応えるため、7月24日、韓国でデジタルシングルを発表する。■パク・ギウンJAPAN OFFICIAL FANCLUBhttp://www.parkkiwoong.jp/

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング