2NE1 BOMの警告、“私の妹、ミンジに手出しすんなよ!”どういうこと?

THE FACT JAPAN / 2013年7月29日 11時35分

2NE1のBOMが、俳優のイ・グァンスに恐ろしい(?)警告をして話題だ。|SBS「ランニングマン」放送キャプチャー


[スポーツソウルドットコム|eニュースチーム] 2NE1のBOM(ボム)が、俳優のイ・グァンスに恐ろしい(?)警告をして話題だ。
先日28日放送されたSBSバラエティ番組「ランニングマン」には、ガールズグループの2NE1がゲストとして出演した。この日BOMは、チームメンバーのMINZY(ミンジ)と番組のレギュラーであるユ・ジェソクとイ・グァンスらとともに、ミッションを遂行するため車で移動中だった。そこでBOMは、「私、イメージを変えたいです。なんか怖いお姉さんみたいに思われているみたいで、近づきにくいってよく言われます」と悩みを打ち明けた。これにユ・ジェソクが、「ステージではカリスマがあって、BOMさんってアイラインがいつも濃い目だから、そうみえるかもしれませんね」というと、BOMは「だから今日は薄めにしました(笑)」と答えた。MINZYとBOMのメイクを見たユ・ジェソクは、「本当にそうですね。今日は優しい目になっている。MINZYは隣家の少女みたい」とコメント、これを受けたイ・グァンスは「MINZYの瞳って、僕が好きな目です」と絶賛した。しかし、このイ・グァンスのコメントを聞いたBOMは、いきなり「手出ししないでくださいよ!なんで私の妹に手出ししようとするんですか?」と突っ込み、笑いを誘った。
一方、番組を見たネット民たちは、「BOMの警告、怖っ!」「やっぱり怖い姉ちゃんじゃん?(笑)」「グァンスさん、可哀想…」「BOMって以外と突っ込み系?」など、さまざまな反応をみせた。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング