BoA告白、「アメリカ進出当時、死ぬほど寂しくて辛かった…」

THE FACT JAPAN / 2013年8月7日 19時56分

歌手のBoAが、アメリカ進出当時の心境を告白して話題だ。|提供 SBS「サンキュー」


[スポーツソウルドットコム|パク・ヨンウン記者] 歌手のBoAが、アメリカ進出当時の心境を告白して話題だ。
9日放送されるSBSバラエティ「サンキュー」に出演したBoAは、アメリカでの生活について率直に告白した。彼女は2008年、アメリカ進出当時の状況を浮かべながら「日本とは違って、アメリカでは最初から始めなければならないという負担が大きく、辛い時間を送った」と語った。2001年、日本で成功的なデビューを果たしたBoAは、“アジアの星”として人気が急浮上した。BoAは「日本でとは比べられないほど、しんどい孤独を感じた。誰にも私の気持ちを打ち明けることができなかった。正直、死ぬほど辛かった」と当時の苦しかった状況を回想した。このようなBoAの裏面を接したゲストたちは、大人しい彼女の面貌に感動しながら熱い拍手を送ったという。
SBS「サンキュー」は、9日午後11時30分から放送される。(韓国にて)

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング