[SS現場] ZE:A、カムバックショーケース開催!“SJ、神話の後を継ぐ芸能ドルになる”

THE FACT JAPAN / 2013年8月8日 21時50分

8日午後、グループZE:Aがカムバックショーケースを開催した。|パク・ソヨン記者


[スポーツソウルドットコム|パク・ソヨン記者] “歌は基本!漫才はボーナス”“先祖ドル”SHINHWA(神話)と“万能ドル”SUPER JUNIORは、歌手として実力はもちろん、バラエティにも才能がある“芸能アイドル”である。そんな彼らの後を継ぐ3世代“芸能ドル”がいる。ニューミニアルバム『Illusion』を発表し、約2年ぶりで9人組“完全体”としてカムバックしたZE:A(ケビン、グァンヒ、シワン、ジュンヨン、テホン、ヒチョル、ミンウ、ヒョンシク、ドンジュン)がその主人公である。
8日午後、ソウル・江南区(カンナム・グ)清潭洞(チョンダム・ドン)にあるClub ELLUIでは、グループZE:Aのカムバックショーケース(新曲発表会)が開催された。彼らは、新曲に寄せられる期待とともに、いっそうバージョンアップした芸能感を自慢しながら、会場を熱く沸かせた。この日ショーケースは、メンバー・グァンヒの司会で始まった。マイクを取った彼は、特有の笑声を上げながらスムーズに会場の雰囲気をリードした。フォトタイムで彼の才能がもっと輝いた。比較的フォトゾーンに立つ機会が少なかったテホン、ミンウ、ヒチョルらに、グァンヒは「一番自信のあるポーズを決めなさ~い!」と取材陣のカメラを急がせた。負傷のため、久々チームに合流したリーダーのジュンヨンが、目元に指を当てながらVサインを見せると、「この子、久々なので感を忘れたわ」と突っ込み、笑いを誘った。最近もっともホットなMBC日曜バラエティ「本物の男」で“赤ちゃん兵士”と呼ばれながら、人気急上昇中のヒョンシクに対しては、隠していた嫉妬心を存分に噴出した。グァンヒは、「いよいよこの人ですか…紹介したくないんですけど」と冗談口を叩きながらも、「“本物の男”パク・ヒョンシク!出てきなさい!人気者になったからポーズも変わってるわね。女性記者さんのために、ウィンクもお願いします」とリクエスト、ヒョンシクの甘いウィンクに現場の雰囲気はますます和気藹々となってきた。自身のフォトタイムまで終えたグァンヒは、3人ショットと団体ショットまで見事に仕切りながら円滑な進行をみせた。殆どのカムバックショーケースは、新人の放送人か事務所の関係者らが固く司会を務めるが、ZE:Aの場合、チームをリードするグァンヒと、これを支えるメンバーたちが調和して退屈のない明るい雰囲気が続いた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング