“11月7日東京” チョー・ヨンピル、15年ぶり奇跡の来日公演が実現!“Hello Tour” in Tokyo 開催

THE FACT JAPAN / 2013年10月30日 18時10分

© Live Nation Japan


[スポーツソウルジャパン|編集局] “KING OF K-POP”チョー・ヨンピル(63)が、15年ぶり来日公演を決定した。
【公演概要】■タイトル:“Hello Tour” in Tokyo(One Night Special..一夜限りの東京特別公演)■日程:11月7日(木)■場所:東京国際フォーラム ホールA■OPEN:17:30 / START 18:30 ■TICKETS: \9,450-(税込・全席指定)※未就学児の入場不可(小学生以上の方は全てチケットのご購入が必要となります)

-チケット情報及びお問い合わせ-日本ファンクラブ担当ypcho.fc@gmail.comtel. 03-3362-3695fax. 03-3366-3224
ローソンチケット:0570-084-003 Lコード:75487
チケットぴあ:0570-02-9999 Pコード:211-957
イープラス※0570で始まる電話番号は、一部携帯・PHS不可
■主催:TOKYO FM / 文化放送■後援:ユニバーサルミュージック■運営・制作:Live Nation Japan / クリエイティブマン
特設ページhttp://www.creativeman.co.jp/artist/2013/11choyongpil/
チョー・ヨンピル オフィシャルHPhttp://cho-yongpil.jp/
【BIOGRAPHY】CHO YONG-PIL  チョー・ヨンピル
1969年、カントリーグループ、エトキンズのリーダーとしてデビュー。1975年にソロに転向、その年に「釜山港へ帰れ(돌아와요 부산항에)」が空前のヒットとなる。1979年にアルバム「窓の外の女 (창밖의 여자)」で正式にデビュー。1980年代には、70年代まで賞レースを引っ張いっていた、ナム・ジン、ナ・フナに変わり各種賞レースを独占する。1982年には日本でもデビューし、「釜山港へ帰れ」や「想いで迷子」などがヒットした。1987年に『NHK紅白歌合戦』に初出場を果たし1990年まで連続で出場した。
これまでに『KBS歌謡大賞』歴代最多の5回、『MBC10大歌謡祭』を歴代最多の6回受賞している。また、『ミュージックバンク』の前番組である『歌謡トップ10』では番組開始以来初の10週連続1位を達成した。以後、番組では5週連続1位の楽曲は6週目以降ランキング集計に入れないという特別ルールができた。
1990年代初めにテレビ番組への出演を中断し、現在はコンサート中心に活動、韓国にコンサート文化を定着させた人物としても評価されている。アルバムの総売上は累計で1500万枚。
日本では演歌歌手というイメージで知られているが、韓国ではロックからバラード、トロット、民謡まで様々なジャンルをこなす“国民歌手(クンミン・ガス)”として有名。ニックネームが「歌王」と呼ばれるほど、韓国の大衆文化界で圧巻の位置を占めている。ヒット曲「釜山港へ帰れ」は、以前から存在する名曲をロック調のリズムでアレンジし、新たな魅力を加えたものである。“永遠のオッパ(お兄さん)”などの愛称もある。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング