少女時代 ユナ、バラエティ番組でも女神!抜群な芸能感で視聴者魅了

THE FACT JAPAN / 2013年12月6日 11時25分

KBS2TV新月火ドラマ「総理と私」の主演を務めるユナが、5日放送された同局バラエティ番組「ハッピートゥゲザー3」に出演。芸人顔負けの抜群な芸能感を発揮した。|(c) KBS


[スポーツソウルドットコム|eニュースチーム] “ソシ ユナ、バラエティの女神に登極”
5日夜、KBS2TV人気バラエティ「ハッピートゥゲザー3」では、来る9日からスタートする同局の新月火ドラマ「総理と私」の主役たち、イ・ボムス、ユナ、ユン・シユン、リュジンがゲストとして出演した。なかでもユナは、番組でさまざまなエピソードを紹介しながら、抜群な芸能感を発揮して視聴者たちを魅了した。
この日ユナに視線が集中したところは、やはり熱愛説についてのエピソードだった。彼女は以前、「2PMのテギョンとペアリングしている」という噂について、「私は家族皆お揃いで買った指輪をしてて、テギョンさんは彼のお母さんにもらったものをはめていると聞いています。当時は少女時代と2PMさんが同じ時期に活動していましたので、そんな噂になったと思います。あとでテギョンさんガ“あのリングのことでファンに怒られたよ”って、ため息を吐いてたので、悪いと思いました」と釈明した。すると、「ハッピートゥゲザー3」で脇役を務めているコメディアンのホ・ギョンファンが、「僕もユナさんと熱愛説ありましたよ」と自慢げにいうと、ユナは「前『ギャグコンサート』(お笑い番組)でギョンファンさんと“ホームレスの品格”というコーナーで恋人演技をしたんですけど、あとで“どんな仲?何かあるでしょう?”って聞かれて、“大変”困ったことがあります」と答え、笑いを誘った。またユナは、小学校時代からの友だちのおかげで、当時片思いしていた男の子と、最近電話連絡ができたことを打ち明けた。彼女は、「11年ぶりの連絡だったんですけど、彼も当時私が、自分のことが好きだったことを知っていたようです。それで私が“あの時、君のこと好きだったよ”って言ってあげました」と言いつつ「きっと彼は、今すっごく後悔しているはずでしょうね(笑)」とウィットに富んだコメントで収録スタジオを沸かせた。
ユナのエピソードはここで止まらなかった。彼女は11月に行われた少女時代の香港公演に向かう際、飛行機内でパパラッチに撮られた“屈辱ショット”についても紹介した。「その時、機内食で*サムバブが出てましたけど、私が口を大きくあけて食べようとする瞬間に撮られて、その写真がネットに上げられたんです。すごく恥ずかしかったですよ」と言いながら、当時撮られた写真の姿を同じく再現して笑いを誘った。(サムバブ 쌈밥:サンチュなどの食用葉っぱに、ご飯や肉などを入れて包んで食べる韓国料理)
一方、番組を観た視聴者やネット民たちは、「キレイな顔して、こんなに気さくなユナ」「今日のハッピートゥゲザーは、ユナしか見えなかったよ」「ユナ、ひとりでもできる子ね!おもしろかったです」「小学校時代のその男、今どんな心境だろうね」「早く月曜日が来ることを待ってる。ドラマが楽しみ」など、熱い反応をみせた。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング