[2013 MBC演技大賞]「奇皇后」ハ・ジウォンがグランプリ、3冠王達成!(総合)

THE FACT JAPAN / 2014年1月1日 2時30分

「2013 MBC演技大賞」の最高栄誉、大賞を受賞し、人気賞と地上波放送3社のドラマプロデ ューサーが選んだ今年の演技者賞まで受賞して、3冠王に輝いた女優のハ・ジウォン。|© MBC


[スポーツソウルドットコム|イ・ダウォン記者] 「2013 MBC演技大賞」の最高栄誉である大賞は、女優のハ・ジウォン(35)だった。どんな時よりも“女風”が激しかったMBCドラマ王国に、パク・ウォンスク、シン・ウンギョン、コ・ヒョンジョンなど、そうそうたる候補女優らが神経戦を繰り広げたが、最後の勝者はハ・ジウォン。ドラマの女王となったのだ。
30日午後、ソウルにあるMBC文化放送では、この一年間、 MBCドラマをもっとも輝かせたスターたちを称える授賞式「2013 MBC演技大賞」が開かれた。「百年の遺産」、「オーロラ姫」、「金よ出てこい、さっさと」など、高視聴率を誇った作品が角逐戦を繰り広げ、ハ・ジウォン、コ・ヒョンジョン、ムン・グニョンなどの女優らと、キム・ジェウォン、チョ・ヒョンジェ、キム・ジュヒョクなどの俳優らが、大賞の候補に名を挙げた。そしてこの日、最高の栄誉に輝いたのは、ハ・ジウォンだった。MBC月火ドラマ「奇皇后」を、ワントップでリードした彼女は、素晴らしい演技力で50話作という長い呼吸を継続させた点を高く評価された。また、骨を惜しまないアクション演技、リアルな感情線を常に忘れず熱演したハ・ジウォンは、「奇皇后」を月火ドラマ視聴率1位に維持させた功労などが認められ、今年の演技者賞、人気賞まで獲得し、見事3冠王を達成した。ハ・ジウォンは受賞直後、「『奇皇后』のために、一緒に苦労してくださったスタッフの方々、共演者の方々、そして先輩たちに、心から感謝します」と述べつつ「この賞は私には重すぎます。これからは、もっとたくさんのことを抱くことができる女優になりたいと思います。事務所の家族、ファンの皆さん、本当にありがとうございました」と感激の声を上げた。
今年のドラマは、 「百年の遺産」が選ばれた。離婚した女性を中心に家族間の葛藤と和解、ロマンスを描いたこのドラマは、視聴率30%を越して、週末ドラマの最強者となった。 今年放送されたMBCドラマの中でもっとも高い視聴率を記録し、大きな人気を得た点が今回の受賞に大きな影響を及ぼした。

最優秀演技賞はイ・スンギ、キム・ジェウォン、チュ・ジンモ、イ・ジョンジン、スジ(miss A)、シン・ウンギョン、ハン・ジヘなど、なんと7人が名を連ねた。イ・スンギは、これで最優秀演技賞だけでなく、人気賞、ベストカップル賞まで選定されて3冠王の栄誉に輝いた。また、スジもベストカップル賞を受賞し、2冠を達成した。
優秀演技賞も6人が受賞した。チュウォン、チ・チャンウク、ヨン・ジョンフンが男子優秀賞に名をあげ、シン・セギョン、ユイ(AFTERSCHOOL)、ホン・スヒョンが女子優秀賞を受賞した。また、「オーロラ姫」は、出演俳優たちの相次ぐ降板と蓋然性のない劇展開に、多くの批判の声が絶えなかったが、20%台の高い視聴率で作品賞候補に上がり、男女主人公であるオ・チャンソク、チョン・ソミンは、新人賞の栄光をもたらした。
ドラマをしっかりと仕切る中堅俳優に対する感謝は、「黄金演技賞」という部門で授賞された。6人の男子候補らの中でキム・サンジュン(黄金の虹)、チョン・ボソク(百年の遺産) 、チョ・ジェヒョン(スキャンダル)が共同受賞、6人の女子候補の中では、キム・ボヨン(オーロラ姫)、イ・ヘスク(金よ出てこい、さっさと)、チャ・ファヨン(愛するのは自分のため)がトロフィーを獲得した。またパク・ウォンスク(百年の遺産)、ハン・ジニ(金よ出てこい、さっさと)は、功労賞を受賞し、MBCドラマを輝かせた中堅俳優たちすべてが賞を手にした。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング