2PM テギョン、所属事務所JYPに苦言「名前ではなく内実を固めるべき」

THE FACT JAPAN / 2014年1月5日 5時0分

グループ2PMのテギョン(上)が、自身が所属しているJYPエンターテイメントに向かって苦言を呈した。|チェ・ジンソク記者、本人のTwitter


[スポーツソウルドットコム|キム・ガヨン記者] 2PMのテギョンが、自身が所属しているJYPエンターテイメントに向かって意味深長な書き込みを残した。
テギョンは4日、自身のTwitterに「助けもしなくて、管理もしてない人が昇進したとすれば、僕のそばで助けてくれて、管理してくれた方々は、何になるんだ。理解可能な選択をしたのか?会社の芸能人としている僕も理解できない会社を、ファンの方々は理解してくれるだろうか?2014年JYPは今改革が必要だ」と強い口調で話した。
続いて、「通勤・退勤時間だけを守るのではなく、働きのやりがいを与える会社に生まれ変わる必要がある。エンターテイメント会社として、通う人がエンターテインになってないのに(楽しくないのに)、どうやって大衆を満足させるのができるだろうか?3大のエンターテイメント会社とかの名前を重要視せず、内実を固めるべき時間だ」と付け加えた。
さらに、「私たちの会社が、2014年も再びより上を狙うなら、それはプロデューサーの力だけではなく、会社の従業員の方々の力ではないかと思う」と声を高めた。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング