[ライブレポ] 『MYNAME LIVE TOUR2014~HANDS UP~☆』

THE FACT JAPAN / 2014年1月15日 14時34分

© YOSHIMOTO R and C CO.,LTD.


最強ビジュアルK-POPアイドルグループ“MYNAME”初のホールツアー『MYNAME LIVE TOUR2014~HANDS UP~』大盛況に終わり、2ndアルバム『FIVE STARS』リリースも発表!!1月12日(日)NHKホール(東京)ライブレポート
[スポーツソウルジャパン|編集局] 『MYNAME LIVE TOUR2014~HANDS UP~☆』最強ビジュアルK-POPアイドルグループ “MYNAME”が、初のホールツアー『MYNAME LIVE TOUR2014~HANDS UP~』を敢行。その初日1月12日(日)NHKホール(東京)でのライブの模様をお送りいたします。
2012年7月の日本デビュー以降、ファンイベント、ライブハウスでのステージなどで着実に人気と実力を培い、ついに迎えた念願のホールライブ。「キャー!」という大歓声に迎えられ、白いスーツのコヌ、チェジン、セヨン、ジュンQ、インスが登場。期待の1曲目は、MYNAME得意のダンスアップチューンナンバー「MIRACLE」。5人のクールなダンスで魅了します。「Anonymous」ではサビの5人そろってのダンスに会場が沸き、ジュンQのラップがリードする「PARI PARI(「그까짓거」Japanese ver.)」では会場一体となっての掛け声が。オープニングから5人の魅力全開のフルスロットル!
続いて、MYNAME初のショートムービー「Baby I'm Sorry」のVTRが流れ、ラストに「Baby I’m Sorry」完成版DVD発売といううれしいお知らせが。喜びに沸く中、再びMYNAMEが登場し「Baby I'm Sorry(Japanese ver.)」を熱唱。インスがジャケットを脱ぎ肉体美を披露すると会場も大興奮。さらに、ハードなダンスナンバー「Adrenaline」、「(IF YOU WANNA) BE MY BABY」と、MYNAMEの歌とダンスが堪能できるステージを。

MCでは、まずはインスが興奮気味に「ステージからの眺めが全然違う!」と、初めて大きなステージに立った感想を。そして、ツアータイトルが“HANDS UP”ということで、コヌの掛け声に合わせて会場全員が「HANDS UP!」コールで盛り上がります。そんな中、チェジンが、「久しぶりのコンサートで、正直、緊張しています」と言おうとしたところ、「正直」を「そうじき」と噛んでしまい、その瞬間にメンバー全員から総ツッコミが。セヨンはブーンと掃除機をかける真似をしてステージを駆け回ります。このノリがMYNAMEの持ち味。MCも楽しいのが彼らのライブなのです。気を取り直してチェジンが「今すごく興奮してます」と今の気持ちを伝えると、会場からは「かわいー!!」と声援が飛びました。
セヨンの「次の曲、聞いて聞いてー!」の掛け声に続き、次の曲へ。:韓国の人気バンド”バスカーバスカー”のアルバムにギターセッションとして参加したクォン・ハンオルさんがゲストとして登場し、彼のギターに合わせてアコースティックバージョンの「Everlastin’Luv」を披露。セクシーなインスの歌声、美しく優しくコヌの歌声のリードによる5人のハーモニーが、より一層際立ちます。次の「You’ re Waiting For Me」もアコースティックバージョンでお届け。会場が一体となって左右に手を振る中、
ニコニコ笑顔で歌うチェジンのソロに「かわいー!」、セヨンのパート「デートしよっ!」には「キャー!」と大歓声が。続く「I Want To」では、セヨンがジュンQの頬にいきなりチュー! これにはこの日一番の絶叫が!

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング