「芸・体・能」チャンミン、最後の収録で涙…“熱病のようにバスケに夢中だった”

THE FACT JAPAN / 2014年1月28日 15時45分

KBS2 TVバラエティ「芸・体・能」を降板することになったチャンミンが、最後の収録で熱い涙をみせた。|提供:KBS


東方神起のチャンミンが「芸・体・能」の最後の収録で熱い涙を流した。チャンミンはKBS2TVのバラエティ「ホドン&チャンミンの芸・体・能~めざせ!ご当地スポーツ王~芸体能」(以下「芸・体・能」)のオリジナルメンバーとして活躍してきたが、活動スケジュールのために、最近降板を決めた。
28日放送される第42話で、全羅北道(チョンラブク・ド)高敞(コチャン)に合宿訓練を行く「芸・体・能」のバスケットボールチームが描かれるなか、メンバーたちは最後の収録となるチャンミンと、これまでの思い出を回想する時間を過ごした。ここでは、チャンミンと苦楽をともにしてきたチョ・ダルファン、イ・ビョンジン、Feeldogなど、昔の仲間たちのインタビュー映像や、最初の挑戦種目だった卓球からバスケットボールまで、チャンミンの活躍をぎっしりと詰め込んだアルバムなど、制作陣が用意したサプライズプレゼントが公開された。
これに感動したチャンミンは、別れを控えながらこらえていた熱い涙を流し、制作陣らまで泣いてしまう場面までが見られた。チャンミンは、「ここに来る前は、泣いてはいけないと心を決めたんです。バスケットボール試合の前半に怪我してしまったので、僕一人で空回りしていると思ってストレスもたくさんありました」と言いつつ「東方神起のカムバックステージよりも『芸・体・能』の試合にもっと緊張したんです。熱病のようにバスケットボールに夢中でした」と隠しておいた気持ちを打ち明けた。
一方、チャンミンが参加する“ソウルチーム”との最終試合は、28日(今日)夜11時10分、韓国のKBS2TVより放送される「芸・体・能」で見られる。
パク・ヒョシル記者

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング