チャン・グンソクの日本ツアー終了!「とても楽しかった」

THE FACT JAPAN / 2014年2月3日 10時22分

俳優チャン・グンソクが4ヶ月にわたった日本ツアーを盛況裏に終えた。|© tree J company


[スポーツソウルジャパン|編集局] 韓流スターチャン・グンソクが日本の5都市14回に渡ったツアーを盛況裡に終えた。
チャン・グンソクは去る10月、福岡を皮切りに、札幌、東京、大阪、名古屋など5都市14回にわたって開かれた「ZIKZIN LIVE TOUR in ZEPP」を通じて日本のファンたちと会った。これまでチャン・グンソクは俳優としての活動はもちろん、ソロやプロジェクトグループチーム“H”の活動などを通じて、あふれる才能と情熱で、世界のスポットライトを受けてきた。特に、自身のオリジナルブランドである「直進(ZIKZIN)」を掲げ、新概念のフェスティバルを主催するなど、特別な企画能力をうかがわであり、無限の成長の可能性をはっきりと見せた。
東京ドーム、ソムモソニクなどの世界最大の舞台で立ってきた彼であるだけに、今回のZEPPツアーが持つ意味は特別だった。2000席の小規模な舞台と100%のバンド演奏のライブ、ゲストなしで、チャン・グンソクが舞台を空ける時間が一瞬たりともなかった今回の公演は、彼とファンたちの熱い交流の場となった。
今回の公演は、ファンと近く呼吸できる舞台を作りたいと言ってきたチャン・グンソクの念願で企画された。舞台では2ndアルバムの収録曲である『Indian Summer』、『Nature boy』などの明るくてパワフルな曲から、『Rain』、『I Will Promise You』などのアコースティック公演まで、様々なジャンルの音楽が披露された。何よりも、舞台と客席の距離が近い利点をフルに活用したチャン・グンソクとファンの直接的なコミュニケーションは、深い共鳴を成し遂げたのに意義が大きかった。チャン・グンソクもありのままの姿でファンたちと一緒に呼吸しながら率直な話で場を盛り上げ、より大きな声援を引き出した。
フィナーレ舞台を終えたチャン・グンソクは、「これまでの大舞台とは異なり、観客と近い距離で直接話し合うことは、とても魅力的で、ありのままの自分の姿を見せることができました。4ヶ月を超える時間の間、バンドと相談して、同じ曲も異なる構成で作り上げながら新たなステージのために努力してきました。自分でも楽しむことができた公演でした」と感想を明らかにした。

ザファクトジャパン

トピックスRSS

ランキング