コミケ2019、企業ブースが「もはや別施設」 ツッコミ多数

STANDBY / 2018年8月15日 9時0分

写真

夏冬合わせて「1年の1/50以上がコミケ」と震える声もあった ※画像はイメージです


コミックマーケット準備会が8月12日、2019年のコミケは夏冬ともに史上初の4日間開催になることを発表した。理由は、東京オリンピック・パラリンピック開催に伴い、会場となる東京ビッグサイトの一部が使用できないため。

2019年のコミケで使用される会場は従来の会場よりも狭く、できる限り多くのサークルが参加できるように、また混雑時の安全面への配慮から開催日数が増えたのだ。この発表についてネットでは、スタッフの負担を心配する声、4日間連続での参加は体力的に難しいため、好きなジャンルが4日間にまんべんなく分散するとつらいという意見、設営を含めるとほぼ1週間コミケになると震える関係者とみられる声など、さまざまだ。なかには、社会人はそんなに休みをとれない、地方在住者泣かせであるとの意見からオリンピックは地方在住のオタクを敵に回したとの声もある。

また、最大の問題点は企業ブースの位置にある。サークルブースは東京ビッグサイトの西展示棟・南展示棟で、企業ブースは「青海展示棟」での開催とされているが、ここの最寄り駅は青海駅であり、東京ビッグサイトとは最寄り駅すら違うほど離れているのだ。

企業ブースの場所は本館から1.5km離れた場所にあるため、大人数が歩いて移動するのは危険だという声、ここに行くとサークルは半日しか回れないという懸念や、両会場の間には日陰もコンビニもないという心配、「青海展示棟」と同じ建物であるように聞こえるが立地的には別施設であるとのツッコミがあがっている。

昔からコミケに参加し続けている人のツイートによると、かつて1日のみの開催だったコミケだが、2日間、3日間と日程が変わった際にも、代表が「一時的なものである」と言っていたとか。この4日間開催もデフォルトとなっていく可能性も捨てきれないだろう。ビッグサイトを運営する東京都は青海の会場は仮設であり、2020年11月までの期間限定としているが、果たしてどうなるのか。

(飛鳥 進)

■関連リンク
・2019年コミックマーケット96・97開催日程について|コミックマーケット準備会
https://www.comiket.co.jp/info-a/C94/in2019.html

STANDBY

トピックスRSS

ランキング