時代の変化なのかも……“平成の〇〇離れ”、3位「ギャンブル」、2位「新聞」、1位は!?

Suits-woman.jp / 2019年2月19日 8時0分

写真

時代の変化なのかも……“平成の〇〇離れ”、3位「ギャンブル」、2位「新聞」、1位は!?の画像

平成の後半、多くのメディアでさかんに取り上げられた「若者の〇〇離れ」。引き金となったバブル崩壊から二十年以上が経ち、当時の若者も今はもう大人になりました。

あなたの「平成の〇〇離れ」は?

あなたの「平成の〇〇離れ」は?

クルマ、お酒、旅行、恋愛などたくさんの〇〇離れ・卒業が進んだ平成の30年間。あなたの「平成の〇〇離れ」は何でしょうか? 株式会社エアトリが10~70代の男女700名を対象に行なったアンケート結果をご紹介します。

あなたの「平成の〇〇離れ」を教えてください。

値上がりと共に「タバコ」離れをした人は少なくないかも!?

値上がりと共に「タバコ」離れをした人は少なくないかも!?

1位:タバコ(33.8%)
2位:新聞(20.5)
3位:ギャンブル(19.0%)

「タバコ」(33.8%)と回答した人が最も多く、2位の「新聞」(20.5%)に10ポイント以上の差をつけての1位となりました。
男女別では、「タバコ」「ギャンブル」「ゴルフ」といった趣味・嗜好品が、男性が女性を10ポイント以上上回ったのに対し、「新聞」「テレビ」といったマスメディアや、「恋愛」「結婚」などが、女性が男性を上回る結果となりました。

・固定電話が無い、新聞をとらないのが、いつの間にか当たり前になっていたことに驚いています。自分もいつの間にか止めていました(50代女性)
・新聞は老眼には辛い。スマホなら拡大縮小も自由自在(40代男性)
・スマホがあれば新聞もテレビもカメラもいらない。“物”が変わっただけで、“こと”はさほど変化していないと思う(20代女性)
・結婚し、子供ができ、少し無理をしてマイホームを手に入れた。ローンや教育費で自分から色々と手を離してしまったものはたくさんある。昭和の終焉よりも更に、平成の終わりを寂しく感じます(50代男性)

生活の変化や時代の変化に合わせて手離したものの、本当は手元に置いておきたかったと感じるものはあるのでしょうか。

本当は「平成で〇〇離れしたくなかったもの」を教えてください。

維持費や駐車場代のことを考えて、カーシェアリングを利用する人も増えたのではないでしょうか。

維持費や駐車場代のことを考えて、カーシェアリングを利用する人も増えたのではないでしょうか。

1位:車(9.3%)
2位:恋愛(7.9%)
3位:ゴルフ(5.7%)

トップとなった「車」(9.3%)は、前述の調査『平成の〇〇離れ』で14.6%の人が回答しており、そのうち3分の2の人が、本当は離れたくなかったと回答する結果となりました。
女性で最も回答が多かった「恋愛」(9.3%)は、『平成の〇〇離れ』での19.8%に対し約半数、男性では「ゴルフ」(8.9%)が、『平成の〇〇離れ』での21.8%に対し約4割と、“惜しみつつ”も多くの女性が「“恋愛”離れ」、男性が「“ゴルフ”離れ」したようです。

一方で、「タバコ」は、『平成の〇〇離れ』での33.8%に対し、『本当は平成で〇〇離れしたくなかった』では2.9%と、多くの人が自発的に「“タバコ”離れ」したことを見て取ることができます。

「平成の〇〇離れ」が進んだ理由は何だと思いますか?

「平成の〇〇離れ」が進んだのは、インターネットやスマートフォンで便利になったことが多いから?

「平成の〇〇離れ」が進んだのは、インターネットやスマートフォンで便利になったことが多いから?

1位:ネットやスマホの普及(51.7%)
2位:収入の減少(44.7%)
3位:時代の変化(40.0%)

これまでに挙げられたような「平成の〇〇離れ」が進んだ理由を聞いてみたところ、「ネットやスマホの普及」(51.7%)と回答した人が、最も多い結果となりました。
2位が「収入の減少」(44.7%)と、所得の低下とスマートフォンの普及による通信費の上昇、一方で、スマートフォンでさまざまな娯楽を楽しむことができるようになり、他に使う余暇時間や所得が減少したことが、さまざまな「〇〇離れ」を生んだ原因ではという声が寄せられています。

・新しく何かを始めれば、何かをやめるもの。平成は、離れたものより始まったことの方が多い時代だったと思う(40代男性)
・人が抱えることのできる“物”や“こと”が飽和したのだと思う。断捨離の時代。悪いことではない(40代女性)
・価値観が一律でなくなったことで、〇〇にこだわる必要がなくなってきたのでしょう(70代男性)
・バブルを生きた世代の価値観に寄り添っているために「平成の~離れ」と言っているだけであって、バブルを知らない現在の20代~30代にとっては当たり前の価値観だと思う(30代女性)

上記のほか、「〇〇離れは現代の価値観に合っている」、「一種の進歩」と、『平成の〇〇離れ』をポジティブに捉える意見も多く寄せられました。

「平成の〇〇離れ」をしたが、新元号になったら再チャレンジしたい、はじめてみたいもの

心機一転、新元号ではじめてみたいものは?

心機一転、新元号ではじめてみたいものは?

最後に、平成で〇〇離れをしたけれど、新元号になったらもう一度始めてみたいものを聞きました。
最多となった回答は「恋愛」(14.8%)で、2位が「旅行」(13.9%)、3位が「読書」(11.5%)となりました。
男女別では、男性が「旅行」、女性が「恋愛」と「読書」が同率で1位の回答数でした。

意識的に自ら手離したものもあるでしょうが、新聞やテレビはスマホに、自家用車はカーシェアリングにと、時代の変化に合わせて形を変えてきたものが平成の30年間には多くあったことを再確認するアンケート結果でしたね。
新元号でもう一度チャレンジしたいもののトップ3は「恋愛」「旅行」「読書」と、モノではなく、内面を豊かにしていきたいというこれからの価値観が垣間見えました。

【参考】※ 株式会社エアトリ
【調査概要】
調査タイトル:「平成の〇〇離れ」に関するアンケート調査
調査対象:10代~70代の男女700名
調査期間:2019年1月8日~1月14日
調査方法:インターネット調査
調査主体:株式会社エアトリ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング