「女性がメイクすべき職業」の1位はあの職業!働く女性のノーメイクはアリ?ナシ?

Suits-woman.jp / 2019年5月22日 8時0分

写真

「女性がメイクすべき職業」の1位はあの職業!働く女性のノーメイクはアリ?ナシ?の画像

今年3月、イギリスの航空会社ヴァージン・アトランティックは「勤務スタッフは男女を問わず、メイクをしなくてもいい」という新方針を打ち出しました。同社ではそれまでキャビンアテンダントの勤務中はメイクをするよう求めていたそうですが、これによりノーメイクでフライトすることが可能になったのです。確かにキャビンアテンダントといえば国内外に限らず、完璧なフルメイクで勤務する姿が当たり前の印象。キャビンアテンダント以外でも、そういった職業はたくさんあるような気がします。

メイクに男女の不公平感を持っている女性は少数派

旅行サイト「エアトリ」では男女を対象に「仕事中におけるメイク」に関する意識調査を実施。こちらによると、就業中における女性のメイクの在り方について男女別にアンケートをとったところ、以下のような結果となりました

就業中における女性のメイクの在り方

どんな職業でもメイクするべき……男性11.3%女性12.1%

職業によってはメイクするべき……男性30.5%女性42.0%

どんな職業でもメイクするしないは本人の自由……男性58.2%女性45.9%

一番多かったのは男女ともに「どんな職業でもメイクするしないは本人の自由」。男女の比率を見ると、男性のほうが多くなっています。逆に「職業によってはメイクするべき」は女性が男性と比べて11.5%多く、女性のほうが職業によるメイクは必要と考えているようです。

とはいえ、メイクは時間もお金もかかります。肌への負担も大きく、人によっては肌トラブルになることも珍しくありません。そんな苦労を男性はしなくていいのは、果たして不公平なのでしょうか?そこで同調査では「女性のみ仕事でメイクしなければいけないという風潮に不公平さ感じますか?」と質問。結果は次の通りです。

男性にとっては、「メイクをしたくないならしなければいいのでは?」くらいな認識なのかもしれません。

「感じる」と答えた人は、女性のほうが若干多い結果に。しかしそれ以上に「感じない」と答えた女性が多く、女性で不公平感を持っている人は少ないことが分かります。一方、男性で一番多かったのは「どちらともいえない」(41.8%)。メイクに縁がない男性の場合、メイクの大変さにピンとこないのかもしれません。

女性に不公平感がないのは、メイクでキレイになるのは案外楽しいと感じる女性が多いのかもしれません。

男性はすっぴんではなく、すっぴん風メイクをイメージしている可能性も?

さらに同調査では前述の調査で「職業によってはメイクするべき」と答えた人に対し、「どんな人がメイクするべきか」もアンケート。結果は次の通りとなりました。

メイクするべき職業

1位 受付・窓口対応……83.9%

2位 キャビンアテンダント……80.3%

3位 接客業……78.5%

1位は意外にもキャビンアテンダントではなく「受付・窓口対応」に。やはり会社の顔というべき存在である受付や窓口対応の人は、メイクが求められているようです。一方男女間で最も差があったものは「社内事務」(男性3.6%、女性26.6%)だそうです。

とはいえいくら会社の規則で「ノーメイクOK」といわれても、実行するのに勇気が必要です。特に気になるのは男性への印象。上司から何か言われたり、評価が下がることがあるのでしょうか?そこで同調査では、男性を対象に「ノーメイクで出社している女性に対してどう思いますか?」と質問。結果は次の通りとなりました。

男性は女性が考える以上に、女性のメイクに無関心?

圧倒的に多いのは「どちらでもない」(77.1%)。メイクに対して、女性が考えている以上に男性は意識していないのが大半のようです。「悪印象」と答えた人はわずか9.8%。むしろ「好印象」と答えた人が13.1%と多くなっています。

しかし、ここで無視できないのは男性がイメージする「ノーメイク」は果たして本当にノーメイクなのか?という問題です。女性は時に「すっぴんです」とSNSなどにアップしても、実は分からないように最低限メイクはする“すっぴん風メイク”であるケースが案外多いもの。もし男性がすっぴん風メイクをイメージしてアンケートに答えているなら、それは話が違ってくるのです。正真正銘のノーメイクでもイメージは下がらないのか?そのあたりの現実が分からない限り、踏み切るのは難しいかもしれません。

【調査概要】
調査主体 :株式会社エアトリ
調査タイトル:「仕事中におけるメイク」に関するアンケート調査
調査対象:20代~70代の男女616名
調査期間:2019年4月25日~5月3日
調査方法:インターネット調査

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング