働く堅実女子に朗報!この秋、1日中、快適に履けるパンプスが急増中!

Suits-woman.jp / 2019年8月27日 18時0分

写真

働く堅実女子に朗報!この秋、1日中、快適に履けるパンプスが急増中!の画像

ヒールは疲れるから履きたくない、足に合うパンプスが見つからない。そんな悩みは尽きませんが、意外にも自分にフィットするものをきちんと探していなかったからかも?また、人気のパンプスがより履きやすく進化しています。今まで苦手だったけど、これからヒールを履きたいなと思わせてくれるパンプス、2ブランドをご紹介します。

GUの大ヒットマシュマロパンプスがさらに進化

販売から1年足らずで、なんと170万足を売り上げたGUのマシュマロパンプス。足を包み込む履きやすさに加え、低価格ということもあり、この人気にも納得です。

履きやすくなったといっても、「ここが当たって痛い」「クッションを入れてほしい」など、具体的なリクエストや品質に対しての要望があったそう。ポインテッドパンプスの場合、痛い、サイズが合わないといった意見もやはり多く、その意見に対して寄り添い、機能や改善を追究する商品開発プロジェクト「GU SHOES LAB」がスタートしました。コンセプトは、「靴のおしゃれで我慢させない」。快適に履けてもおしゃれでなくてはいや、しかも低価格という難題をクリアするためにスタートし、第1弾は、マシュマロパンプスなど全29型のラインアップで展開されています。

進化した大人気のマシュマロパンプス 2,490円(税抜)

マシュマロパンプスは、かかとクッション、低反発クッション、つま先クッション、肌触りさらっと、動きにフィットという5つの機能があり、要望が多かった撥水機能と抗菌防臭機能も追加されました。さらに、22cmと25.5cmのサイズも新たに加わり、より多くの人にフィットするサイズ展開です。

ただ、驚くことに基準サイズの靴は、6~7%の人にしかフィットしないのだとか。それでも、クッションなどを工夫し、できるだけ快適にしたのがこのGU SHOES LABの新たなラインアップです。今後も、おしゃれで快適な靴づくりのために、多くのユーザーからの声を開発につなげていくそう。ファーストパンプスとしても選んでもらえる快適さと美しいシルエットを追求したマシュマロパンプス。バリエーションも増えたので、よりファッションを楽しみたくなりますよ。

GU SHOES LAB https://www.gu-japan.com/jp/feature/shoeslab/

外反母趾にもやさしいfitfitのポインテッドヒールニーカー

fitfitは、外反母趾に悩んでいた創業者の林恵子さんが、足に合う美しい靴を見つけられず、自ら立ち上げたブランドです。外反母趾外来も行なっている三田病院との共同研究で誕生したインソール搭載のモデルもあり、足の悩みを持つ女性にとっては、駆け込み寺的存在にもなってくれそう。

しかも、秋冬の新作は、よりスタイリッシュでエレガントな「ポインテッドヒールニーカー」が新登場です。5.5cmのヒールに、つま先がより細くなったポインテッドトゥを採用し、独自のソールとヒールデザインで、ヒールパンプスを履いた時に感じるぐらつき感や歩きにくさ、さらに、ポンテッドトゥ特有の指周りの窮屈さも抑えられています。パンプスなのにスニーカーのような履き心地のパンプニーカーがさらにエレガントになった感じです。

スニーカーのように履ける新登場のポインテッドヒールニーカー 1万2,900円(税抜)~

ストレスフリーな仕上がりには、5つの特徴があります。

1:かかとの中心に重心がかかる設計で足前方部だけに力が入らない

2:設置点を通常より後方に設定することで安定した足の動きを確保

3:木型の中心を親指寄りにした「足なり設計」で親指側の圧迫感を緩和

4:程よい捨て寸設計で足全体がきれいに見え、指周りの窮屈さを軽減

5:足入れした瞬間に感じるノンスリップのオリジナルインソールを使用

実際に足入れしてみると、ヒールにありがちな前に滑る感覚が一切なく、かかとからホールドされ、土踏まずがしっかりフィットしました。ヒールで足指が窮屈に感じたり、痛いと感じたりするのは、足がパンプスの中で前に滑り、捨て寸部分に入ってしまうことが原因ということも多いので、これはうれしいフィットです。

fitfit https://www.doclasse.com/shop/c/cfitfit/

☆☆☆

パンプスは足が痛いものと思っていた人も、改めて靴選びをしてみると、意外に自分に合った靴に出会えそうです。大人になると足のサイズは変わらないものと採寸しない人が多いのですが、実は、少しサイズが変化していたり、思い込んでいたりと、パンプスを選ぶときにサイズ選びで間違えていたということもあるそうです。パンプス自体も快適に履けるよう日々進化しているので、履く前にあきらめずトライしてみませんか。

取材・文/林 ゆり

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング