年収2000万以上稼ぐ男性の約5割がスーツ着用!?着用率の高い業界はお堅いところばかりの現実

Suits-woman.jp / 2019年9月5日 8時0分

写真

年収2000万以上稼ぐ男性の約5割がスーツ着用!?着用率の高い業界はお堅いところばかりの現実の画像

みなさんが勤めている会社では、服装の規定は自由ですか? それとも、スーツ着用などきちんとした服装が求められていますか? 市役所などの公的機関などでもオフィスカジュアルが進んではいるものの、まだまだ完全に自由な服装とはいかないのが現状です。そんななか、メンズリゼが首都圏在住の20~59歳の男性を対象に行なった『夏の仕事着とムダ毛に関するアンケート』では、意外な真実が見えてきました……。

スーツ姿がさまになっていると、仕事もできそうな印象が。

年収が上がるごとにスーツの着用率が増加!

それでは、気になる調査結果を見てみましょう! 「夏時期(6月~8月頃)のあなたは、日ごろどのような格好で主に仕事をしていますか」という質問に対して、スーツと答えた人の割合が年収別で出ています。

年収2000万円台の高収入男子と出会いたければ、スーツを着ている男性を狙うべき!?

・200~400万円:10.8%
・600~800万円:22.2%
・1000~1500万円:28.1%
・2000万円以上:47.0%

な、なんと年収が上がるごとにスーツ着用率が上がっていく結果になっています。2000万以上稼ぐ男性は、スーツ着用の人が多いんですね。確かに、きちんとしたスーツを着ている男性を見たら、仕事ができそうなイメージです。

さらに、「スーツを着たサラリーマン役が似合う芸能人ランキング」という質問では、ドラマなどで企業物を演じた俳優陣がずらり。

<スーツを着たサラリーマン役が似合う芸能人ランキング>

1位:阿部寛
2位:堺雅人
3位:福山雅治
4位:櫻井翔
5位:香川照之 
6位:田中圭 (※敬称略)

皆さん、ドラマや映画の中でサラリーマン役を印象的に演じられていた方ばかり。視聴者に相当強いイメージを残したのが伺えます。

スーツ着用率が高い業種は堅めのお仕事ばかり。一番ラフな服装なのは??

では、気になるスーツ着用率が高い業界はどこなのでしょうか? 「現在、あなたの会社で、(男性に対して)服装の規定はありますか?」という質問に対して、服装規定がある(常時スーツやクールビズ、制服など)という回答率が高かった順に見ていくと……

金融業界とメディア・広告では、服装の自由度にかなり差が出ていますね!

1位:金融                   90.7%
2位:非営利団体             82.4%
3位:情報通信業                77.4%
4位:電気・ガス・水道       75.0%
4位:農業・林業・漁業・鉱業 75.0%
4位:調査・シンクタンク       75.0%
5位:製造業          72.4%

やはり1 位は金融業界でした。お金など貴重品を扱う人は、信頼できそうな印象を与えるスーツ姿が安心できますよね。スーツ着用率が一番低かった、メディア・広告業界は14.3%! ほとんどの人が、スーツ以外の服装で大丈夫なのです。クリエイティブな職業は、コーディネートのセンスも仕事のうちなのかもしれません。

さらに「夏時期(6月~8月頃)のあなたは、日ごろどのような格好で主に仕事をしていますか?」に対して、職種別に回答を調査したところ、やはりお金を扱う部署や職業のスーツ率が高い結果になりました。

《経理》
1位:スーツ                    94.7%
2位:ジャケパン              5.3%
3位:Tシャツ・ジーンズ   5.3%

《営業》
1位:スーツ                  74.0%
2位:ポロシャツ           19.2%
3位:ジャケパン           17.8%

《コンサルタント》
1位:スーツ        66.7%
2位:ポロシャツ               16.7%
2位:Tシャツ・ジーンズ 16.7%

《総務》
1位:スーツ                    65.0%
2位:ポロシャツ           20.0%
3位:ジャケパン           15.0%

《エンジニア・プログラマー》
1位:スーツ                         61.3%
2位:Tシャツ・ジーンズ 25.0%
3位:ジャケパン                13.8%

やはり、信頼=スーツ姿という図式が当てはまりそうです。

「人は見た目が9割」という言葉がありますが、やはりビジュアルから伝わる印象は重要なもの。スーツ着用でピシっとしている人を信用しがちな傾向は、否めません。クライアントやお客様にまずは信頼されたい、と思っている方は、ピシッとスーツを着こなすようにするもの一つの手かもしれませんね。

【調査概要】 調査主体:メンズリゼ
調査期間:2019年7月25日の1日間
調査対象:~59歳の男性
調査数:計5,00名

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング