「彼が浮気した!」を英語で言うには?彼に裏切られた時に使う英語フレーズ

Suits-woman.jp / 2019年10月3日 13時0分

写真

「彼が浮気した!」を英語で言うには?彼に裏切られた時に使う英語フレーズの画像

彼氏に浮気をされるのって、恋愛において最も辛いことの一つですよね。そんな時は誰かに話を聞いてもらいたくなるものです。

残念ながら日本だけでなく英語圏においても、付き合っている彼に浮気をされたという女性の話は尽きません。そこで今回は、彼に裏切られた時に使う英語フレーズをご紹介します。

 「浮気しやがった、あの最低男!」は、He cheated on me, buster!

数か月前に友人の紹介により、外国人の彼氏ができたAさん。ラブラブだと思っていたのに、仕事帰りにショッピングをしていたら偶然彼が他の女性と手を繋いで歩いているのを見かけてしまいました。ショック過ぎて固まってしまったAさん。彼が通り過ぎたあと、すかさず友人のデイジーに電話をして怒りをぶちまけます。

”浮気男”には、英語できつ~い一言を!

「He cheated on me, buster!(浮気しやがった、あの最低男!)」

「cheat」は「だます」という意味で、恋愛関係において「cheat on(人)」という場合「(人)に対し浮気をする」という意味になります。でも「付き合う」という概念が日本とは少し異なる英語圏。お付き合いの始め方も言葉による正式なものではなく、一緒にいる時間が増えていつの間にか付き合っていたという場合が多いです。

そのため自分は付き合っていると思っていても相手はそうでなかったなんて場合もあり、「浮気したわね~!」と詰め寄ったら「We aren’t even dating!(僕らそもそも付き合ってもいないじゃん)」と言われてしまうなんてことも。また、お互いにステディな関係としてお付き合いをする前は、彼が他の女性とも同時に会っていることもあるものです。

He’s seeing the other womanで「彼は他の女性とも会ってる」

浮気をされた怒りをデイジーにぶちまけると、興奮したデイジーがいいました。「The guy I’m dating is also seeing the other woman!(私の彼も他の女と会ってるの!)」

彼が他の女性とも会っているみたいとだいう場合には、このような表現を使います。浮気の定義は人によってそれぞれですが、自分がデートしている彼には自分以外とデートしてほしくないと思うものですよね。「会っている」と一言で言っても様々な意味が含まれていますが、この場合は彼が恋愛対象として見ている女性と会っていると考えるのが普通です。

近頃は出会い系アプリで簡単に新しい出会いを見つけることができるようになり、ステディな関係になる前はお互いに新しい出会いに対してもオープンなままデートを重ねるという、ちょっと複雑な現代式の恋愛事情もあるようです。また、その方がお互いにとって良いと割り切っている男女が多いのも現状です。

「私とデートしてる彼が他の女と寝てる!」は、The guy I’m dating is sleeping with someone else

更にデイジーが怒り気味に続けます。「And he is sleeping with someone else!(彼は他の女とも寝てるの!)」

デートしている彼が他の女性とベッドインしているという場合は、この表現を使います。彼の友達や共通の友人から人伝いに耳にしたり、彼が他の女性に送ったメッセージから発覚したり……どんな状況であれ、好きな人が他の女性とベッドを共にしていると知ったらショックですよね。

でもお互いに初めから「この人しかいない!」と思える出会いは、なかなかないのも事実。恋愛に慣れてくればくるほど、本気の関係になる前に焦らず相手を見極めたいと思うもの。そのため体の関係から始まるのもありかな、と考える人もいるものです。そしてこのような相手との恋愛においては、「遊び」と「本気」の境目が非常にわかりにくくなり厄介です。

浮気をするのは、He’s just not that into you(それほどあなたにぞっこんじゃなかった)

傷心を引きずらず、新しい一歩を踏み出しましょう!

好きな人に浮気をされるのは本当に辛いものです。でもそもそも浮気をしない男性もいますし、多くの場合真剣な相手には浮気などしないものです。残念ですが、浮気をするということは、彼があなたにそれほどぞっこんではなかったということ。

男性は彼一人だけではないのですから、もし浮気をされたとわかったら「Thank u, next!」(ありがとう、はい次!)とアリアナ・グランデの曲のように次の出会いに向かって新たな一歩を踏み出したいものですね。

文/山根ゆずか

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング