芸術の秋到来!デジタル、伝統、音楽と融合したアート体験ができる都内イベント3つ

Suits-woman.jp / 2019年10月5日 8時0分

写真

芸術の秋到来!デジタル、伝統、音楽と融合したアート体験ができる都内イベント3つの画像

あれ?まだ夏?と思ってしまうほど暑い日が続くものの、暦ではすっかり秋本番の10月が到来しています。秋は本来活動しやすい気候から、さまざまなイベントが行われる季節になっているのです。今回は数ある「●●の秋」から芸術をセレクト。デジタルや音楽など、現代っぽく体験できるものを集めました。

天王洲運河上にライブステージが!「天王洲・キャナルアートモーメント2019」

天王洲運河上の台船を特設ライブステージとした音楽イベント「天王洲・キャナルアートモーメント2019」が本日10月5日、明日6日の2日間限定で、天王洲キャナルイーストにて開催されます。本プロジェクトは、台船の特設ライブステージの他にも、運河沿いのビル壁面を利用したプロジェクションマッピングで演出するなど、東京の水辺空間において「日本文化とアートの発信と体験」ができるプレミアムライブになっているんですよ。

運河上に設置した台船は、プレミアムライブ開催後は同年12月中旬まで水辺空間の憩いの場となる台船テラスや様々なミニイベント会場として活用されるそう。

ライブパフォーマンスを披露するのは、「大井権現太鼓保存会」や、「雷光炎舞『かぐづち-KAGUZUCHI-』」など、日本文化である太鼓や舞をメインとするもののほか、ジャズを奏でるビッグバンド「ジェントル・フォレスト・ジャズ・バンド」など、どれも盛り上がること間違いなしのキャストぞろい!また周辺では、天王洲キャナルフェス2019秋、秋の運河花火まつり2019、世界巡回展「スター・ウォーズ アイデンティティーズ」日本展、天王洲アートフェスティバル2019なども同日開催なので、朝から夜まで天王洲を満喫できますよ。イベントは本日、明日の2日間!ぜひ足を運んでみてください。

大勢で奏でる太鼓は圧巻も迫力。ぜひ生でご鑑賞あれ。

開催期間:2019年10月5日(土)・6日(日)
時間:17:55~19:30
場所:天王洲キャナルイースト(東京都品川区東品川2/天王洲アイル第三水辺広場周辺)
公式サイト:http://tennoz-canal-art-moment.com/

唯一無二の「細野ワールド」が六本木に登場!「細野観光1969 – 2019」

細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969 – 2019」が11月4日までの期間限定で、六本木ヒルズ展望台の東京シティビュー・スカイギャラリーにて開催中です。本展は、現在進行中の「細野晴臣デビュー50周年企画〈細野さんに会いに行く〉」プロジェクトの一環であり、細野さんのロック・テクノ・ワールドミュージックなど多岐にわたる音楽家としての一面だけでなく、細野さんの関心ごとである映画やアート・落語・漫画などが貴重な展示品とともに展示されているんですよ。

展覧会キービジュアル。それぞれの時代で起きた現象や歴史とともに細野氏の音楽や世界観が巡れます。

細野さんといえば、伝説の音楽グループ「YMO」での活躍で知られていますが、現在はソロとしてさまざまな音楽活動に携わり、YMOを知らない若年層の世代からも支持を集めています。

オープニングセレモニー時には細野さんご本人も登場!ギタータワーにギターを置いているので、使えなくて困っているそうです(笑)。

そんな細野さんのデビュー50年の軌跡を、年代ごとに追った壮大なビジュアル年表や、年代ごとに括った5つの展示構成の中をまるで「観光」するように巡ることができるのが本展なのです。楽器コレクション、音楽ノート、インタビュー集、ブックコレクションなどのさまざまな展示品を通して、唯一無二の「細野ワールド」を体験してみませんか。音声ガイド(貸出料600円)では細野さんに加え、塙宣之さん(ナイツ)、星野源さん、高橋幸宏さん、水原希子さん、原田郁子さん(クラムボン)が解説とコメントを寄せていて、これもまた聴きごたえがありますよ。

グッズはタムくんが描いた細野さんのイラストが入ったものがあり、どれも可愛い!

開催期間:~2019年11月4日(月・休)
時間:10:00~22:00 ※最終入場は21:30まで
料金:一般1,800円ほか
場所:六本木ヒルズ森タワー52F 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリー(東京都港区六本木 6-10-1)
公式サイト:https://tcv.roppongihills.com/jp/exhibitions/hosonokanko/index.html

スポーツとデジタルが融合した2日間!「スポーツくじがつなぐ、新しい応援のカタチ展。」

スポーツとデジタルが融合したイベント『「エール」is Power“スポーツくじがつなぐ、新しい応援のカタチ展。”』が10月18日・19日に二子玉川ライズ・ガレリアにて開催されます。本イベントは、『「エール」is Power その声がチカラになる』をコンセプトに、さまざまなアトラクションや展示を通して、スポーツくじ(toto・BIG)の収益による助成があらゆるスポーツを応援していることを認知するための体験型のイベントとのこと。

会場にはステージと4つのブースが設置され、デジタルとスポーツの融合したアトラクションが楽しめます。

会場には、スポーツ応援の楽しさを感じることができる4つのブースが設置されており、エールの声の大きさに応じて画面の中の選手が走り出すデジタルコンテンツ「デジタルエールマシーン(仮)」や、ヘッドフォンでエールを聴きながらフィールドを実際に走ることで、エールを受ける選手の気持ちを疑似体験できる「エールランニング(仮)」など、スポーツ応援の楽しさを感じることができるものばかり。イベント内のデザイン・世界観は、一筆書きアートの第一人者である奥下和彦さんに、原画からアニメーションまで制作・監修されているそうなので、作品としても楽しむことができそうですね。すべてのコンテンツを体験すると先着でオリジナルのノベルティグッズがもらえるスタンプラリーも実施されています。

また、会場内にはステージも設置され、元ラグビー日本代表主将の菊谷崇さんの公開インタビューも行なわれる予定で、現在日本が熱視線を送るラグビー界の未来や選手育成などを聞くことができるかも。ステージコンテンツは他にもたくさん予定されているそうですよ。芸術の秋のほか、スポーツの秋もデジタルにて今っぽく体験してみるのはいかがでしょうか。

2011年よりテレビ朝日の『報道ステーション』のオープニング映像を担当しグッドデザイン賞を受賞している奥下和彦さん。

開催期間:2019年10月18日(金)・19日(土)
時間:10月18日13:00~18:00/19日11:00~18:00
場所:二子玉川ライズ・ガレリア(東京都世田谷区玉川2-21-1)
公式サイト:https://www.toto-growing.com/event02

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング