マジか!?20代男性ビジネスマンの社内恋愛、一番多いお相手は年上の先輩女性に!

Suits-woman.jp / 2019年11月13日 8時0分

写真

マジか!?20代男性ビジネスマンの社内恋愛、一番多いお相手は年上の先輩女性に!の画像

男女の出会いのきっかけとして、トップクラスに多い「社内恋愛」。ちなみに5年に一度国が実施する「出生動向基本調査」の最新調査(2015年)によると、出会いのきっかけとして「職場や仕事で」と答えた人は28.1%。全体で見ると「友人・兄弟姉妹を通じて」(30.9%)に続く多さとなっています。

20代社会人男性の4人に1人は、職場内で知り合ったパートナーがいる

今回ご紹介するのは、セイコーウオッチ株式会社による「20代有職男性の職場内恋愛に関する調査」。こちらによると職場内に「恋人がいる」と答えたのは15.1%で、「配偶者がいる」と答えた人は14.0%。合計すると29.1%が職場内恋愛を経験していることになります。

さらに同調査では、職場恋愛のパートナーとの年齢差についても質問。すると一番多かったのはなんと「年上」で、41.3%が該当するのだそうです。

昭和の時代は女性の年齢が男性の上であるより、下であることが好まれたものです。

では具体的に20代男性の年上パートナーは、何歳離れているのでしょうか?同調査による結果は次の通りとなりました。

20代男性の年上パートナーとの年齢差

1歳~3歳上……49.6%

4歳~6歳上……30.1%

6歳~9歳上……11.9%

10歳~14歳上……5.4%

15歳以上……1.0%

半数近くは「1歳~3歳上」。やはり年齢差が大きくなると減る傾向にありますが、それでも4歳以上差は珍しくないようです。20代男性といえば内向き志向が強い草食系男子が多そうなイメージがある世代ですが、なぜ年上女性と付き合う人が多いのでしょうか?

意外と肉食系?好きになったら即アプローチの20代男性

20代男性が社内で年上女性と付き合う人が多い理由。まず考えられるのは内向き故、年上女性の猛アタックに押された可能性です。しかし同調査によると、年上女性をパートナーに持つ20代男性のなんと86.9%が「自分からアタックした」と回答しているとのこと。この数字はむしろ、年上女性に限らなくても多い数値なのではないでしょうか?

さらに驚くべきは、告白する際の「好意を抱いてからアプローチするまで」の期間。同調査による結果をみてください。

長い間想いを寄せているけど行動できない……そんなタイプの人は少数派です。全然草食系じゃない!

最多は「1か月以上半年未満」で33.8%。「1か月未満」という速攻派も24.7%おり、全体的に行動が早いのです。これらの行動を見ると、まったく草食系要素は感じられません。

では、なぜ20代男性は社内の年上女性に惹かれる人が多いのでしょうか?その理由は社内恋愛で知り合ったパートナーを持つ人に対しての「今のパートナーにときめきや魅力を感じた点」の調査結果を見ると、なんとなく垣間見えてきます。

今のパートナーにときめきや魅力を感じた点

やさしい仕草……42.9%

大人な雰囲気……42.3%

甘えられる……36.9%

ファッション……26.7%

賢さ……20.2%

大人の余裕……19.9%

色気……16.5%

母性を感じる……15.1%

家事(料理)ができる……14.5%

仕事を頑張る姿……11.9%

気になるのは「甘えられる」「大人の余裕」「母性を感じる」「家事(料理)ができる」といった項目。自分が守りたいのではなく、母親のように包み込んでほしい。20代男性のそんな本音が垣間見えます。

頼れる女性の上司や先輩は、20代男性にとって十分な恋愛対象なのです。

20代男性にとっての年上女性といえば、20代後半から30代が中心。年上とはいえそのくらいの年齢層なら、まだまだ20代前半の女性と対抗できる人が多いのかもしれません。つまり20代男性が年上女性を好む傾向の裏にあるのは、彼らの“甘えたい願望”と、女性たちの若々しさではないでしょうか。そう考えると20代前半の堅実女子は、うかうかしていられませんね。

【調査概要】
調査主体:セイコーウオッチ株式会社
調査対象:20代の有職男性
調査期間:2019年9月17日~2019年9月24日
調査方法:インターネット調査

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング