【ビューティー通信】オイルマスターになって冬の乾燥も無縁に。この冬はオイル美容で“うるツヤ女子”を目指そう

Suits-woman.jp / 2019年11月17日 11時0分

写真

【ビューティー通信】オイルマスターになって冬の乾燥も無縁に。この冬はオイル美容で“うるツヤ女子”を目指そうの画像

秋があったようななかったような微妙な天候でしたが、気づけば年末もすぐそこ。11月に入ってからは、朝夕めっきりと冷え込むようになりましたね。となると、気になり始めるのが肌の乾燥。冬は気温の低下とともに、湿度も下がるうえ、寒気や暖房の風によって乾燥に拍車がかかります。当然、冬のスキンケアは保湿ケアを重視するのが正解に。

保湿ケアと聞いて思い浮かべるアイテムはクリームが多いかと思いますが、私がおすすめしたいのは断然オイル。オイルというと、「ベタつく」「テカりそう」と敬遠されがちですが、いやいや、オイルがなければ保湿は未完全といっても過言ではありません。なぜなら乳液だってクリームだって、保湿ケアアイテムには必ずオイルは入っているから。

そもそも肌の潤いを守る角層は、油分の層が水分を挟み込むような構造をしています。だからオイルとの親和性が高い。しかも、油分を与えることで水分蒸散を防ぎながら、細胞の間を埋めることにより、バリア機能向上の役割も担っているのです。

さらにオイルは、抽出する植物の花や実などによって期待できる美容効果が変わります。香りによるアロマ効果はもちろん、ただ潤すだけでなく、抗酸化作用を発揮したり、炎症を鎮めたり、エイジング効果があったりと、なかなか魅力的な働きをしてくれます。ただし、ここで言っているオイルとは、「鉱物油=ミネラルオイル」と呼ばれているケミカルなものではなく、植物の花や実から抽出された天然オイルのこと。ここを間違えないでくださいね。

乾燥した空気に負けない、オイル美容を!

100%自然由来のオイルを携帯し、いつでもコロコロオイルケア

肌への親和性が高いため、“化粧水前のブースターとして使うと肌の保湿力が高まる”と、大好評のメルヴィータの「ビオオイル アルガンオイル」。これがいつでもどこでもオイル美容ができるロールオンタイプに。コロコロとマッサージしながら使えるから、目もとや口もと、指先やネイルに簡単にオン。さらに、アルガンオイルに加え、ローズヒップオイル、ダマスクローズのエッセンシャルオイルをブレンドした「ビオオイル ローズ&アルガン タッチオイル」も登場。美容効果に加え、ナチュラルローズの香りでリフレッシュにもおすすめ。乾きを感じたらすぐにケアできるようこの冬ぜひ携帯を。

(左)メルヴィータ ビオオイル アルガン タッチオイル (右)ビオオイル ローズ&アルガン タッチオイル 各10ml  各1,600円/メルヴィータジャポン

(左)メルヴィータ ビオオイル アルガン タッチオイル (右)ビオオイル ローズ&アルガン タッチオイル 各10ml  各1,600円/メルヴィータジャポン

植物オイルの恵みでダメージを修復して髪に天使の輪を!

ヘアオイル=ぺったりする、というイメージを持っている人もまだまだいるようですが、近年のヘアオイルはベタつきやヌルつきを感じるものはほとんどなし。それどころか、オイルでケアをすることで、髪の輝きが高まったり、髪のダメージが補修されたりと、使わないのはもったいないくらい、髪にうれしい効果をもたらしてくれます。

ロクシタンの人気ヘアケアシリーズ「ファイブハーブス リペアリング」シリーズに、目にも麗しいヘアオイルが仲間入りしました。ダメージヘアのためにブレンドされたのは、天使のハーブの異名を持つ「アンジェリカ」など5つのハーブのエッセンシャルオイルと、5つの植物オイルと植物エキス。洗髪後、タオルドライをした髪に少量をつけなじませて乾かすだけで、翌朝にはツルンとしたツヤが出現。さらに、週2~3回は、集中トリートメントとしてヘアマスクに混ぜて使うのもおすすめ。ひまわりの花びらが入ったハーバリウムボトルは、見ているだけでもテンションがアップします。

ロクシタン ファイブハーブス リペアリングインテンシヴオイル 100ml 4,400円/ロクシタンジャポン

ロクシタン ファイブハーブス リペアリングインテンシヴオイル 100ml 4,400円/ロクシタンジャポン

新感覚!泡立たないオイルウォッシュで全身保湿がかなう

5千年も前から伝わるアーユルヴェーダ。それは心身ともに健やかに過ごすための古来の知恵。そんなアーユルヴェーダをもっと気軽に毎日の生活に取り入れたい、と誕生したのが「アーユルヴィスト」。注目は、アーユルヴェーダのオイルマッサージ「アビヤンガ」を毎日のバスタイムでできるようにしたボディウォッシュ。ホワイトセサミオイルと9種類のエッセンスを配合したオイルを濡れた肌になじませ、全身くまなくさするようになじませるだけ。これでマッサージも洗浄も、さらにはパックも保湿もOK。オイルだから泡立たず、かといってオイルならではの重さやベタつきはなし。それでいてすすいだ後は保湿成分が肌の上に残るから乾燥対策もばっちりです。この感覚は知ったらやみつきに。ちなみに12月2日には、夜のお手入れの最後に塗って寝るだけで肌がふっくらと復活する「ナイト オイルパック」も登場します。たったひと晩で肌の輝きが変わります!

(上)アーユルヴィスト アビヤンガ ボディウォッシュ 500ml 3,600円 (下)アーユルヴィスト ナイト オイルパック100g 3,500円(12/2発売)/minimum beauty journey

アーユルヴィスト アビヤンガ ボディウォッシュ 500ml 3,600円/minimum beauty journey

(下)アーユルヴィスト ナイト オイルパック100g 3,500円(12/2発売)/minimum beauty journey

“食わず(使わず)嫌い”では絶対にソンしてしまうオイル美容。顔へ髪へボディへ、どんどん取り入れて、ウルッとつややかな乾き知らずの女になりましょう。


ビューティーエディター・ライター
藤井優美

エステティシャンを経て、1992年よりフリーランスのエディター・ライターとして活動。美容雑誌『美的』は創刊時から携わり、現在は、美容雑誌『MAQUIA』をはじめ多くの女性誌を中心に、スキンケア、メイク、ヘアケア、ボディケア、インナーケアといった美容全般の企画、構成、執筆を担当。HP➡http://dis-moi.co.jp/ インスタ➡https://www.instagram.com/yuumifujii.beauty/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング