激化するタイ反政府デモの原因は?国民の訴えとデモに関する英語フレーズ

Suits-woman.jp / 2020年10月29日 13時0分

写真

激化するタイ反政府デモの原因は?国民の訴えとデモに関する英語フレーズの画像

2020年7月から始まり、次第に激しさを増しているタイのデモ。政府側は弾圧を試みており、5人以上の集会を禁止する非常事態宣言を発令。デモ指導者を次々と逮捕しています。

今回は、タイの反政府デモが訴えている内容や、政府や王室の現状、それにまつわる英語フレーズなどをご紹介します。

国民がデモを行なっている理由とは?タイの状況とデモの背景

軍の支配力が強い国、タイ

2014年に起きたクーデターにより、タイでは軍の力が非常に強い状況が続いています。プラユット首相率いる現政権は野党に対して強権的であり、このような状況に反発した学生を中心としながら、少しずつ抗議の声が強まっていました。タイの憲法は軍に強大な力を与えており、国民は現政権の退陣だけでなく、憲法の改正を含めた改革を求めているのです。

タイでは1932年に立憲君主制に移行して以降、2014年のクーデターまでの間になんと19回ものクーデターが起こっています。

Protesters want the prime minister to resign, and reform of the monarchy. (デモ隊は首相の辞任と君主制の改革を求めている)

★キーワード
protesters:デモ隊
monarchy:君主制

新型コロナウイルスがデモを加速

タイ国民の失業や給与の減少問題は深刻な状況。

タイには王室があり、多くの王室と同じように一般的な国民とはかけ離れた暮らしを送っています。これまでも王室に対する国民の不満が長い間蓄積されていましたが、今回の新型コロナウイルスの流行によって、苦しい生活を強いられている国民たちの怒りが王室にも向かいました。

デモの現状とは?

王室支持派は黄色のシャツ

デモが起こっている状況下でも当然王室側の支持者もおり、彼らは王室のカラーとされている黄色のシャツを着ています。黄色のシャツを着た人々が反体制派のデモ隊とあちこちで小競り合いを起こすなど、現在は治安状況にも不安が生じています。なお、王室支持派は一般的に中流から上流階級の人々が多いと言われています。

軍は放水車で水攻め。タクシン元首相を支持してきた層が反政府側に加わる

平和的な話し合いを求めていたデモ隊ですが、政府側が放水車を利用するなどデモの強制的な弾圧を試みたことで状況は悪化……。当初は学生を中心としたデモでしたが、現在は農村部で暮らす貧しい層を中心に支持を集めたタクシン元首相を支持する人々がシンボルカラーである「赤色のシャツ」を着て、デモ隊側に加わり始めたのです。

Youth-led pro-democracy protesters want a new constitution.  (若者主導の民主化を求めるデモ隊は、新しい憲法を求めている)

★キーワード
constitution:憲法

国王はタイではなく、ドイツにいる!?ドイツ政府も問題視

ドイツ政府は国王を批判

タイの国内でデモが過熱しているなか、重要人物であるワチラロンコン国王は一年の大半をドイツバイエルン州にある高級リゾートで過ごしていることがわかっています。前国王が亡くなった際にも、ドイツに滞在していたとのこと……。

自国が大変な状況のなか、ドイツにいるタイ国王。

ドイツ政府は国王の現状を批判しており、国務行為をドイツ国内から行なうべきではないとしています。

Since 2007, the Thai king has spent long periods of time in Bavaria in southern Germany.  (2007年以来、タイの国王は多くの時間を南ドイツのバイエルン州で過ごしている)

国民による国王への敬意が薄れている現状でも、メディアは国王を批判しない

タイの歴史ある王室に対し、メディアが批判の目を向けることはほとんどありません。しかしながら、メディアでの報道がなくとも国民からの敬意は薄れてきているのも事実。特に、新型コロナウイルスにより国民が苦難を強いられている間にも、国王がドイツに長期間滞在している状況において不満が噴出しました。

タイの今後はどうなるの?

2019年から2020年にかけて、香港において大規模な民主化デモが行なわれました。結果は誰もが知るところでありますが、タイのデモが今後どのような結果となるか世界から注目が集まっています。

政権や体制に対する反発だけでなく、新型コロナウイルスの流行により、国民の不満がたまりやすい状況なのはタイだけではありません。タイの今後を見守るとともに、様々な地域における地政学的なリスクにも注視していく必要がありそうです。

文/山根ゆずか

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング