防犯対策ちゃんとしている? マンション居住者と戸建て居住者、不安を感じているのはどっち!?

Suits-woman.jp / 2018年5月17日 8時0分

写真

防犯対策ちゃんとしている? マンション居住者と戸建て居住者、不安を感じているのはどっち!?の画像

外出する際にはしっかり戸締りを確認する人がほとんどだと思いますが、泥棒被害に遭った経験はありますか?
株式会社シースタイルは、同社が運営する不動産関連比較査定サイト「スマイスター」を利用した全国の20歳以上の自宅所有者男女全国751人を対象に「我が家の防犯対策」についての調査を実施。調査によると、泥棒に入られたことがある人は戸建てで9.7%、マンションが2.6%という結果に。

防犯対策、きちんとできていますか?

防犯対策、きちんとできていますか?

<戸建て住居者>泥棒の侵入経路はどこでしたか?

泥棒被害ありの56.9%が侵入経路は『窓』からと回答。

泥棒被害ありの56.9%が侵入経路は『窓』からと回答。

1位:窓(56.9%)
2位:玄関(22.4%)
3位:勝手口(5.2%)

戸建ての場合、侵入経路は「窓」(56.9%)が圧倒的に多く、以下「玄関」(22.4%)、「勝手口」(5.2%)などが続きました。
そこで、防犯面についての不安を聞いてみました。

防犯について不安はありますか?

それぞれの経験や自宅の種類で防犯に対する不安度が異なる結果に。

それぞれの経験や自宅の種類で防犯に対する不安度が異なる結果に。

【戸建て(泥棒被害あり)】
とても心配(19.0%)
やや心配(46.6%)
あまり心配ではない(27.6%)
心配ではない(6.9%)

【戸建て(泥棒被害なし)】
とても心配(4.7%)
やや心配(34.5%)
あまり心配ではない(42.1%)
心配ではない(18.8%)

【マンション】
とても心配(5.1%)
やや心配(23.1%)
あまり心配ではない(48.7%)
心配ではない(23.1%)

戸建ての泥棒被害経験ありの人のうち、65.6%の人が心配と答えたのに対して、経験なしの人は逆に60.9%の人が心配ないと回答しました。
一方、マンションでは71.8%の人が心配していないと答えるなど、それぞれの経験や自宅の種類で防犯に対する不安度は異なるようです。

では、防犯対策についてはどうでしょう。

自宅の防犯対策はしていますか?

泥棒被害経験のある戸建て居住者は、約7割が防犯対策をしていると回答。

泥棒被害経験のある戸建て居住者は、約7割が防犯対策をしていると回答。

【戸建て(泥棒被害あり)】
している(69.0%)/していない(31.0%)
【戸建て(泥棒被害なし)】
している(45.8%)/していない(54.2%)
【マンション】
している(55.1%)/していない(44.9%)

自宅の防犯対策については、戸建てで泥棒被害に遭ったことのある人は約7割が対策をしていると回答。被害に遭ったことのない人とは、約15%ほど差が開く結果となりました。マンションは半々の回答数となりました。

では、実際にはどのような防犯対策をしているのでしょうか。

<戸建て居住者>どのような防犯対策をしていますか?

泥棒被害ありの人となしの人では、防犯対策に多少の違いが。

泥棒被害ありの人となしの人では、防犯対策に多少の違いが。

【泥棒被害あり】
1位:戸締りの強化(62.5%)
2位:ご近所さんと仲良くする(60.0%)
3位:在宅時でも玄関を施錠する(52.5%)
3位:センサーライトを設置した(52.5%)

【泥棒被害なし】
1位:戸締りの強化(65.4%)
2位:ポストに新聞や郵便物を溜めない(63.0%)
3位:在宅時でも玄関を施錠する(56.5%)

戸建てで最も多かった回答は「戸締りの強化」(泥棒被害あり:62.5%、泥棒被害なし:65.4%)で、以下「ご近所さんと仲良くする」(被害あり:60.0%、被害なし:54.5%)、「在宅時でも玄関を施錠する」(被害あり:52.5%、被害なし:56.5%)と続きました。泥棒被害あり・なしの人では、防犯対策に多少の違いがあるようです。

<マンション居住者>どのような防犯対策をしていますか?

マンション居住者は、物件選びの段階で防犯面をチェックした人が多く、購入後により防犯強化したという人も。

マンション居住者は、物件選びの段階で防犯面をチェックした人が多く、購入後により防犯強化したという人も。

1位:在宅時でも玄関を施錠する(62.8%)
2位:モニター付きインターフォン設置の物件を選んだ(57.0%)
3位:防犯カメラ設置の物件を選んだ(46.5%)

マンションで最も多かった回答は「在宅時でも玄関を施錠する」(62.8%)。続いて、「モニター付きインターフォン設置の物件を選んだ」(57.0%)、「防犯カメラ設置の物件を選んだ」(46.5%)など、物件を選ぶところから防犯対策が始まっていることがわかりました。

マンションの場合は物件選びの条件のひとつとして“防犯面”をチェックすることが多いですが、戸建ての場合は意外と手薄になってしまうのでしょうか。侵入経路として思い浮かぶ場所もマンションより多かったりするので、心配になりますね。これから夏休みもあることですし、家を留守にする際は、多くの人が心がけているように戸締りの強化や施錠、防犯対策をしっかりとして安心して外出できるようにしましょう。

【参考】※ 株式会社シースタイル

Suits-woman.jp

トピックスRSS

ランキング