『ビレバン福袋』のハズレ感は異常!今年も懲りずに開けてみた!

秒刊SUNDAY / 2012年1月1日 14時32分

DSC_0019

福袋と言えば、一定の金額でパッケージされた商品を元値よりもリーズナブルに購入できるというお正月の恒例マーケティングだが、どの商品が当りでどの商品がハズレなのかは買ってみないと分からないと言う、年明け早々の博打要素が魅力だ。この賭けに勝てるか負けるか、それによって今年の運勢が決まると言えば大げさだが、今回も毎度話題性の多い『ビレッジバンガード』の福袋を購入してみました。

画像

今年のビレバン福袋は前回よりも更にバリエーションが増えた。
具体的には以下の種類があるようだ。

・女子力UPトランク
・カメラ好きに捧ぐトランク
・ヴィレバン雑貨
・おばかインテリア
・おしゃれ部屋必須
・アウトドアしようぜ
・小悪魔仕様満載セット
・便利グッズ目白押し
・インパクトあり過ぎ


【参考】
ヴィレヴァン通販 / 福袋特集

今回は、プレゼントを前提として使えそうな商品がある可能性が多い「便利グッズ目白押し」をチョイス。使えないモノを選んで使わないと意味が無いので、できることであれば使えるモノが良い。これでヒドイ商品が目白押しであれば、今年も厄袋ということだ。ただ、例年の事ですとビレッジバンガードの福袋は割と利用価値の低い商品が詰め込まれている。もちろん、商品そのものの価値を求めているのではなく、福袋のワクワク感が至高であるが故、毎年購入するのだ。



(画像)

まず最初に出てきたのが、ハンバーガーのケース。今までCDケース等はあったがこれはタッパーのような役割を果たす。お弁当箱に最適なのかもしれない。


(画像)

レインボーのコップ。コップの中にコップが入っているというマトリョーシカ風のコップだ。一人暮らしには多過ぎるのかもしれない。


(画像)

歯ブラシ。何の面白みもない歯ブラシだが、消耗品であるが故あればいつか使うのではないかと思う。


(画像)

プチケースアイスクリーム。利用用途不明。ピアスや指輪をしまっておくのだろうか、小物入れとして活躍しそうではあるが、このケース自体が紛失しそうでちょっと怖い。




画像

組み立て型のボックス。ぬいぐるみや本などをしまっておくことが出来る。使わない場合はこのように畳んでおくことが出来るのだが、カラーボックスが山ほどある家庭には邪魔なのかもしれない。



(画像)

謎の箱。一応中身を開けてみてみたが、使える人には使えるのかもしれない。だが全く利用しない可能性もあるので、十分かさばる可能性大!

さて、今回の商品で以上ですがイマイチ物足りない気がするのは気のせいだろうか。7400円分の商品が入っているとのことだが、3000円で購入するにはインパクトが薄い。ということで当サイトで更に商品を追加しました。

クラパカ様より缶バッジ

自分で作ったこだわり商品をネットで売るフリマ的サイト『クラパカ』



遊企クラフト様より『カレーガム』

まるで拷問のような味わいのお菓子『カレーガム・チョコ』試食レビュー



日本マクドナルド様よりビッグアメリカTシャツ(非売品)




以上10商品がどどーんとパックされることにより、少しはお得感が出たのではないだろうか。おそらくこれで総額10000円は超えるはずだ。
さて、今回はこれらまとめて1名様にプレゼントいたしますので奮ってご応募ください。



応募方法は下記ツイートをリツイートするだけで当選者にご連絡がいきます。従いまして応募希望の方はリツイートと公式ツイッター@byokanのフォローをお願いいたします。
応募ツイートはこちら。(応募は締め切りましたたくさんのご応募ありがとうございます)



【関連記事】
2011年ビレバン福袋早速オープン!今年も厄袋だった!
2010年絶対に買ってはいけない『ビレッジバンガード福袋』を買ってみた。

(ライター:ユカワ)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング