マルマルモリモリに隠された恐ろしい暗号があるとネットで話題に

秒刊SUNDAY / 2012年1月31日 23時9分

fewefwf

昨年紅白にも出場した芦田愛菜 ちゃんんが歌う『マルマルモリモリ』この言葉の意味っていったい何?と思う人も多いのかもしれないが、そのヒントになるかもしれない事実がネットで話題になっている。なんとマルマルモリモリを左右反転させると、とんでもない言葉になってしまうと言う。またそのまま直訳すると更に意味深な言葉になると言う。


Twitpic - Share photos and videos on Twitter

マル・マル・モリ・モリを左右反転させると、『ムラ・ムラ・モン・モン』と、やや大人な言葉になり、とても6歳の子供に歌わせるような言葉ではなくなってしまう。なんて恐ろしい。もちろん歌詞の本来の意味は、そんな深い意味はないはずだが、万が一作詞家がここまで想定していたとしたら、とんでもない暗号をかくしたものだ。しかも隠したところで社会的な影響は全くなく、気づいた人がこのようにほくそ笑むにとどまるだけだ。

さて、マル・マル・モリ・モリの事実はこれにとどまらない。なんとラテン語にして訳すと、ととんでもないことになるのだ。



(画像

ラテン語:malu malu mori mori
日本語:死ぬ死ぬために邪悪な悪

さすがに作詞家がラテン語に隠された意味を込めて作ったなんてことはないだろうが、このほかにも訳したり反転させたり様々なことをすることにより、隠されたメッセージが浮かび上がってくるのかもしれない。色々調べて隠された暗号を見つけることができるかなー。

【関連記事】
とんでもないヒミツを隠し持った驚愕の教会

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング