これぞ『マシンシティ』ロシアの通信会社メガフォンのサーバールームがもはや来世紀

秒刊SUNDAY / 2012年2月7日 12時5分

datacent003-3

日本で言うと、ソフトバンクやauと言った通信会社に相当するロシアの『メガフォン』社。まるで拡声器のメガフォンのようなネーミングのこの会社のサーバールームが公開されていたので紹介したいのだが、今まで見たこともないような、サーバー群はまさにマシンシティ。実際どのように動作していてどのような流れになっているのかは全く分からない。動いているというのも不思議なぐらいだ。



画像

ロシアの通信会社は日本と同様3社の競争となっており、モバイル・テレシステムズ、ヴィンペル、メガフォンの3社がシェアを争っているという状況だ。ちなみにメガフォンはiPhoneも販売しているようだ。さてこちらが公開された、IKEAのショールーム・・・ではなくサーバールームだ。一見シンプルなラックが並んでいるだけのように見えるが


画像

天井部にはLAN回線が縦横無尽にはりめぐらされ、1台ウンゼンマンというサーバがゴロゴロと並べられている様は、異様。この中で日夜エンジニアがサーバが停止しないかと虎視眈々と監視したりメンテナンスを行ったりしているようだ。



画像

配線の様子。このラックが1台のパソコンではなく、ラックの中に複数のPCが接続されているという状況だ。配線はどのように連動しているのかはよく分からない。




画像)(画像

こちらが監視室。恐らくサーバの温度やジョブやタスクの以上が無いかなどを監視しているに違いない。意外や意外、手前のPCはWindowsXPのようだ。このように平穏に見える現場も、この前のDocomoの不具合などのようなトラフィック増大時には、多くのエンジニアがてんやわんやするに違いない。きっと、そこは修羅場と化すだろう、CPUよりも人のほうが働いているなんて地獄絵図はあまり見たくはありませんね。

日本でもこのようなマシンシティのようなサーバ群は、大手通信キャリア3社なら当たり前にあるのだろう。
その他詳しい画像はこちらから。

http://englishrussia.com/2012/01/25/the-largest-data-center-in-russia/

【関連記事】
まるでダンジョン。5億ユーザを抱えるFacebookのサーバが想像を絶する。

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング