最も見つかってはいけない男Googleストリートビューに登場!

秒刊SUNDAY / 2012年2月9日 17時42分

ウォーリー

世界一有名な赤と白のシマシマの洋服を着た、もっとも見つかってはいけない男がGoogleストリートビューで発見されてしまった。この男は常にシマシマのの洋服・シマシマのニット帽をかぶり、杖をついて歩くことが多い。本人は見つからないように心掛けていたようだが、偶然Googleのストリートビューの撮影カーに発見され思わず挨拶をしてしまったという。



画像

問題の男は、ロンドンの町に登場。ロンドンバスが行きかうバットニ―ハイストリートにて、Googleストリートビューの撮影中、どうやらそれを見つけるや否や、突如こちらに挨拶をしていた。本人はこの撮影を知っていたのか、偶然なのか根拠は判らないが、明らかにカメラ目線であることが判った。

普段この男は、子供向けの本に登場し自分を見つけられるかどうか、挑戦的な構えを見せており、大人でも発見が難しいほど難解な手法で雲隠れを披露するなど、一風変わった嗜好をもっていることで知られている。

つまり本と言う二次元の世界では『見つかりたくない』という内向的な性格のキャラクターを演じるが、ストリートビューのような3次元の世界では逆に表に出たいと言う『出たがり』な性格であることが判った。

Google側は彼が彼であることが判らないよう、ぼかしを入れるなどの配慮を施しているが、その特有な服装なゆえ、すぐにバレてしまいそうだ。

彼が映ったストリートビューはこちら 
http://g.co/maps/jsyxy

【関連記事】
Googleストリートビューに『心霊写真』Twitterで話題に

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング