ネッシーか?アイスランドあまりの寒さに巨大生物が浮上し話題に

秒刊SUNDAY / 2012年2月10日 22時43分

dwqfweq

記録的な寒波が世界中を襲い、デイ・アフター・トゥモロー状態の地球ですが、何も寒いのは人間だけではなく動物たちも同じこと。さてそんな中普段水中に身をひそめている、あの謎の生物があまりの寒さに浮上してきたと話題になっております。場所はアイスランド。普段は川に生息していると噂されていたが、ついにその姿を現したらしい。

画像

巨大な生物は、川をノロノロと横断しているのがよく判る。何の目的でウロついているのかは定かではないが、普段上に浮上してこないことを踏まえると、寒さでエサが無くなって探しているのではないかと推測される。さて、この生物良く見てみると、生き物なのかそれとも流れに沿って流れるただの流木なのかは動画の中でははっきり判断できないが、なんとなく意思を持って泳いでいるようにも見える。もしこの生物が本当に存在するとすれば、体長は20メートルを超える巨大なヘビのような生き物だ

実はこのヘビ、1345年にも目撃されており、このヘビが登場するととてつもなく『悪い事』が起こる前兆だと言う。既に寒さで凍え死にそうな地球に、更に悪いことが起きると言うのか。2012年終末論がまさかの現実になろうとでも言うのか。

なにはともあれ、現段階ではこのヘビが本物なのか、偽物なのか判らないがそれよりも寒波のほうがよっぽど、アイスランドの人々にとって現実的に恐ろしいことであることは変わらないだろう。



【動画:Youtube】
MONSTER FROM THE DEEP: Lagarfljot's Worm - Iceland's Loch Ness Monster?! - YouTube

【関連記事】
これぞ『もののけ』世界で捕獲された巨大生物特集

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング