ロンドンのエレベータが恐すぎて涙腺崩壊すると話題に

秒刊SUNDAY / 2012年2月18日 18時31分

article-0-11BB375F000005DC-964_634x951

ロンドンのあるショッピングモールの中のエレベーターが大変な事になっていると話題を呼んでいる。
エレベーターの扉が開き乗り込もうとした所 床がぶち抜かれ 大きな闇がぽっかり口を開いているというのだから度肝を抜いてしまう
画像

勿論このような危険なものがショッピングセンターにあるはずもなく、アーティストによって巧みに描かれた大きな穴、底なし・・・のように見える ただのエレベーターなのだ。
ガラスの破片の一枚一枚 ヒビの割れ方 暗い地下の雰囲気と実に巧妙に描かれており目を見張ってしまう。

 先週試験的に公開された様子



動画URL:http://youtu.be/AwxMg9hEYyU

全ての人が 思わず足をすくめ声にならない悲鳴をあげている。突然この光景が広がっているのだから無理もない。

この新しいエレベーターアトラクションが本格的に始動するのは来月から。でもなぜ 大きな穴にこだわったのか?
関係者曰く「暗い穴」は人間が本能で感じる「恐怖」と連動しているという事。このシンプルながら「暗い」「高い」「狭い」の要素が このエレベーターを最も恐ろしい乗り物にしたてあげているのは間違いない。
またショッピングセンター側にとって公的な場所でのこのアトラクションはロンドン市民にどの程度受け入れられるか。という実験でもあるようだ。

 【参考記事】
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2101412/Alton-Towers-reveals-latest-ride--Nemesis-lift-dont-want-jump-in.html 

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング