未来の洗濯機は、捗り過ぎ!『2050年の洗濯機革命案』が発表

秒刊SUNDAY / 2012年2月19日 19時43分

article-2102597-11C818F7000005DC-445_634x639

大きなリングの真ん中にふわふわと浮いているような球体。この近未来的なデザインの物体は一体何なのか?
答えはフランスのデザイナーの卵がデザインした ”洗濯機”。 何をどうやっていかなる仕組みで衣類を洗うのか興味をそそられる
この洗濯機の注目したいところはただ単に優れたデザインだけではなく エコフレンドリーであるという事、また従来の洗濯時間がグッと短縮され なんと物の数分で全ての工程が終了というのだから驚きだ。



画像

この得たいの知れない未来型洗濯機一体どうのような仕組みなのか。
まず 中央の球に衣類を投入。お好みメニューを選択。あとは 大きなリングにセットして完了。
洗濯開始になると内臓されているドライアイスを昇華させ衣類へ噴射!汚れを分解するカラクリ。
終了した後も 勝手に 内部に残った二酸化炭素を吸い取りドライアイスを作って次回の為にスタンバイ。
手間もかからず洗剤も使うことなく水も使用する必要が無い。全てのニーズに応えた素晴らしい洗濯機だ。


画像

トップの写真を見ると カッコイイがどんだけデカイんだ。と危惧してしまうものの、 この説明書を見ると思ったより
うんとコンパクトであることが解る。

この”洗濯機改革案” 残念な事に実際現在のテクノロジーでは実現難しい部分があり、現段階では夢物語。 
果たしてフレンチデザイナーが夢見たこの洗濯機 2050年までに商品化なるだろうか?

【記事参照】
http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2102597/The-washing-machine-perpetual-motion-device-Designers-plan-revolutionise-laundry-2050.html 

【関連記事】
これは捗る!思わず欲しくなる超便利キッチングッズ

面白いニュース秒刊SUNDAY

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング