もう無茶苦茶。中国にアンドロイド専門店がオープン!もちろん無許可

秒刊SUNDAY / 2012年3月23日 17時12分

6858284986_96748c0997

以前中国にApple専門店がオープンし話題となりましたがすぐに閉店しました。理由はただ一つ、Appleの許可を得ずに運営していた、いわゆる偽アップル専門店なのだ。さてそんななかオープンしたのがこのアンドロイド専門店。Appleがだめなら次はGoogle。という単純過ぎる発想にてオープンしたこの専門店だが、恐らく数カ月で閉店するだろうと見られている。

画像

さて、このアンドロイド専門店、非公式という点のほかにもう一つダメな個所がある。それは画像を見て分かる通り、Apple製品を扱うと言う本末転倒な行為。アンドロイド専門店でiPhoneが買えると言うやりたい放題なところも中国らしいと言えばらしいことではあるが、どうせやるのであれば、違法合法にかかわらずアンドロイドのみを扱うと言うルールだけは守ってほしかった。

さて、この専門店は広東省の南海岸にある珠海市というところにあるようだが、Googleがこの事実に気づくのも時間の問題。恐らくApple専門店と同じような運命をたどるだろうと見ているが、見つかった場合、訴訟を起こされると言うリスクを背負いながら、なぜ偽ストアを次々とオープンさせるのかは謎だ。おりしもApple専門店が摘発されたばかりの状態だ。

とりわけ最も気になるのは、そもそもAndoroid専門店という名前がおかしい。AndoroidはOSの名前だ。iPhoneがiOS専門店とならないことを踏まえ、命名するのであればGoogle専門店ではなかろうか。それともそこまでこだわっていないと言う事だろうか。

【記事参照】
The First Unofficial Google Android Store in China ≫ M.I.C. Gadget

【関連記事】
死ぬ前に一度は入りたい中国のパクリファーストフード店

(ライター:たまちゃん)

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング