暴言も言い方を変えれば品が出る?知恵袋の秀逸な回答が話題に。

秒刊SUNDAY / 2012年5月7日 17時16分

tie

時として面白い話題が目に付くYahoo!知恵袋。身近な話題からネタとしか思えないようなもの、日々の勉強での悩みなど様々な質問が日々寄せられていますが、過去に寄せられていた「暴言を敬語にして欲しい」という質問が、ネット上で話題となっているようです。
「うっせーなー、てめぇ。死ねや!って敬語で何て言いますか?」というのが寄せられている質問。
こちらは、2008年と2012年に異なるアカウントから質問がされています。これに対して寄せられているのが


・たいそうにぎやかなご様子でいらっしゃいますところまことに恐縮でございますが、ご逝去あそばしていただければ幸甚に存じます。
・貴殿の御言葉が少々耳に障りますが、、、貴殿は急逝をお望みか?
・静粛に!貴方、命を絶たれたほうがよろしいと思われます。
・おにぎやかですね。そちらさま、おかくれいただけますか?
・騒しゅうございます。君主様、死出の旅に出てはいかがでしょうか?
・騒音に御座い!貴殿みまかられたし!
・耳障りに存じあげます。お隠れになれば恐悦至極にございます。

といったもの。
 
どれも元のセリフよりは丁寧な物言いとなっているので、言われた側にしてみれば一瞬罵倒されているとは思わないかもしれません。

ただ、あまり長いセリフは口にしている間に噛んでしまいそうなので実用的では無いかもしれませんね。

さて、この文言。皆さんならどのように言い換えますか?

(ライター:Yohko Kitashima) 

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング