つくば市の竜巻を超至近距離から撮影した壮絶な動画がYouTubeにアップ

秒刊SUNDAY / 2012年5月6日 22時45分

tukuba

茨城県つくば市の北条地区で発生した竜巻により、大きな被害を及ぼした災害で、超至近距離から撮影した動画がYouTubeにアップロードされ話題を呼んでいる。距離感は正確には判らないが、100メートル近く接近しており、竜巻が徐々に撮影者に近づいている様子が映し出されている。


画像)(画像

竜巻は最初、1キロほど遠くのほうで発生している様子を映し出していたが、まるで意思を持った生き物のように、徐々に撮影者に近づいてきているのが良く判る。恐ろしいのは、砂埃や様々な瓦礫等を巻きあげながら近づくにもかかわらず、撮影者は動じることも無く撮影を続けていたのだ。

さらに、100メートルほどに近づくと、さすがに危機感を感じたのか『恐い恐い!』と叫び、車の窓を閉め、尚も撮影を続けると言う強靭な度胸を持っている。この場に実際に行ってみなければわからないが、このまま逃げるよりもむしろ、竜巻の動きを見ながら、安全な建物に逃げたほうが良いのかもしれない。だが、この場に安全な場所は無く、仕方なく車に逃げ込んでいるのかもしれない。

それとも、二度と見ることができない珍しい光景に目を奪われているのか、いずれにせよ通常ではありえない光景が目の前に広がるわけであり、思わずカメラを回したのは、判る気もする。

実際の映像はこちら



http://youtu.be/nV87QZ66KP8


【関連記事】
竜巻に巻き込まれた犬が奇跡的に無傷で見つかる


面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング