目が目がぁあ!金還日食を直接望遠鏡等で覗くとあなたの目はこんな状態に。

秒刊SUNDAY / 2012年5月18日 22時15分

dwdw

金還日食が21日控えており、撮影用のカメラや双眼鏡を揃えている方は要注意だ。試しに興味本位で双眼鏡などで覗くと目を傷めるという話はよく聞くが、実際にどれぐらいの影響力があり、どれほどの傷をおうのか。実際に試した動画がネットで話題になっているので紹介したい。これを見れば『絶対にやりたくない』ということが判るはずだ。


こちらが実際に太陽を見た望遠鏡。望遠鏡の中で太陽の光が集約された強烈な閃光がのぞき口に襲いかかるのだ。その理屈は分かっていても実際にどれぐらいの威力なのか、それはあまり知られていないし、ためしたこともないだろう。だがその比は、虫めがねとは比べ物にならないものだ



画像 画像

まさに狂気と化した閃光が、物体に襲いかかる。あの固い鉛筆でさえあっという間に丸焦げにしてしまうほどの、非常に高い熱を発していることが判る。じゃあ日食グラスならいいんじゃないか?そんな考えもあると思うが、天体望遠鏡クラスになると、それさえも突き抜ける、とんでもないほどの太陽のパワーだ。

まさに、「目が目がぁあ」と言いたいところだ。
では実際に映像を見ていただきたい



動画URL
http://youtu.be/_5Qz6cIlYxY

以上を踏まえると、太陽をカメラや双眼鏡で直接覗くのは非常に危険だと言う事が良く判りますね。でも日食中の太陽ならば、月に隠れているわけなのでその分パワーが抑えられて大丈夫?なんて思うかもしれないが、万が一のことを考え、それも辞めておきたい。

【関連記事】
金還日食を撮影する為に用意しておきたい便利グッズ

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング