犬?狐?何?セメントの池に落ちてしまった可哀想な動物の惨劇

秒刊SUNDAY / 2012年5月24日 23時36分

article-2148647-133E3BE3000005DC-439_964x1198

ロンドンで保護された この犬とも何とも判断がつかない動物。体中が泥で覆われ毛皮がゴタゴタに固まってしまっている。しかも腹から足にかけてナイロンがべったりと付いている辺りがより悲壮感を漂わせている。一体全体何がどうしてしまったのか

<画像>

動物の正体はロンドンで保護された 生後約4ヶ月の野きつね。こともあろうか建築工事中のセメント場に落ちてしまったというのだから大変。あのごったごたの容姿にも納得がいく。幸いにも命に別状はなく救助された後動物病院で綺麗に洗浄され すっかり愛らしい元の姿に。救助されたときは悲惨な状態であり 四肢はセメントで固まり歩行困難 体もすっかり凍え切っていたという。
もしも運悪く発見されず 冷たくなったあの悲惨な姿の発見第一人者になってしまったら・・・と考えると軽くトラウマ背負うこと間違いなし。兎に角 命に別状もなく無事に保護されて良かったと胸を撫で下ろすばかりだ

[参照記事]


[関連記事]
こんなことがあるのか!?気づいたらリスがつぶらな瞳で命乞い。

ライターSKKC



面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング