かなり現実的なiPhone5の画像が流出!今度こそ本物か?

秒刊SUNDAY / 2012年5月30日 1時49分

iphone5

毎度iPhone5の情報には左右されておりますが、今回は非常に現実的なiPhone5の画像が、海外のAppleリークサイト9to5macから流出しております。iPhone5(仮)は白と黒のモデルとなっており、従来よりも画面サイズが大きくなる分、縦長になっている。さらにドッグコネクタが小型化しており、充電中に折れる等と言う不具合を解消されている者と思われる。


画像

流出しているバックパネルの画像から判ることは、横幅は従来通りだが画面サイズが3.999インチになることで、縦長になる。その際の画面解像度は1136×640となるだろうとのことだ。さらにSIMはマイクロSIMが使われる可能性があるほか、ドッグコネクタは大幅に小型化。その分、従来のドッグコネクタは利用できなくなるだろうし、抜く際に失敗してボキッと折れてしまうような、事故は防げるはずだ。それらにより薄型化を実現。

色は、黒と白。これは今まで同じ。HOMEボタンは今までと同じく1つで、丸い形をしている。さらにOSはiOS6になるであろうと情報筋は見ているが、実際は憶測にすぎない。

もちろん、iPhone4で問題だった電波の不具合は解消されていると思うが、iPhone5でその不具合がまた復活している恐れもある。なにせ、iPhone5はジョブズが手掛けた最後のiPhone。どんなサプライズが仕掛けてあるのか、実に興味深いものだ。

発売は10月ぐらいだと予想されている。iPhone4Sの発売からちょうど1年だからだ。
名前は、今までの流れを踏襲するとiPhone5ですが、新しいiPadがNewiPadになったことを踏まえると、こちらもnewiPhoneになるのかもしれない。

【記事参照】
http://9to5mac.com/2012/05/29/photos-black-and-white-next-generation-metal-iphone-backs-mini-dock-taller-screen-moved-earphone-jack-present/

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング