一発遺伝子ワクチン注射で簡単禁煙?近未来的禁煙の発想

秒刊SUNDAY / 2012年6月29日 20時0分

1278185408-91

近年どんどん公共での喫煙の場は削がれていき 愛煙者達にはなかなか辛いもの。タバコの値段もうなぎ登りだし、健康の事も考えて本格的に禁煙でもしようと考える人たちも少なくないはずだ。といってもなかなか止めれないのが本音。お酒の場 食事後の一服がこの上なく美味い。そんな禁煙に苦労している方々に忍耐の要らない「遺伝子ワクチン禁煙」が開発さているという吉報が発表された。
<画像>

この画期的な「禁煙・遺伝子ワクチン 」 禁煙を助けるものだけではなく、若年者への禁煙の予防にも使用できるのではないかと 期待されている。その期待されている仕組みとは、通常 喫煙すると ニコチンが脳に伝達、そこで「うまい!」と脳が判断し 喫煙し続けるという仕組みだが、このワクチンを注射すると 血中のニコチンが脳へ伝達される前に中和してくれる。なので「うまい!」を感じるヒマもなく中和され タバコ依存にもならないのだ。現在 マウスへの実験段階。マウスへワクチンを注入後ニコチンを与えた場合、ニコチン反応特有の血圧、脈拍の変動などから判断し その85%が中和されているとレポートされている。約2年後の実用化を目指しているとの事。遠い未来話のようで、2年後なんてすぐの話し。と、思いきや 商品化されても 日本で使用認可されるのは一体何年後だろうか。

 [参照記事]


「関連記事」

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング