Twitterで話題の『クロネロメール便』詐欺にあえて釣られるとどうなるか。

秒刊SUNDAY / 2012年7月7日 23時27分

jpg large

Twitterで話題となっている新手の詐欺メール『クロネロメール配送便センター』と『佐川急更』。一見某有名企業の宅配便サービスのメールに見えるが良く見るとクロネコではなくクロネロだ。そしてもうひとつは佐川急便ではなく佐川急更だ。これに気づく人はあまり少なく、たまたまサービスを利用していたという方は何の躊躇もなくクリックしてしまうようだ。

(画像:Twitpicより

さてこの『クロネロメール便』のサービス。
以下のような文面で送られてくると言うから注意していただきたい。

 現在、お客様宛のメール配送便をお預かりしております。 配送先のご確認が必要となっておりますのでお手数ではございますが、下記よりアクセスの上、内容を確認下さいますようお願い致します。 本メール配送便に関しまして、お届け先不着の状態ですとお届けが出来ませんのでご注意下さいませ。 http://XXXXX

最後にURLが記述されており、このURLを踏ませることで、相手の目的を達成させようとしているようだ。さて、気になるその相手の目的とは何か、それはやはり実際にこのURLを踏んでみないことにはじまらない。ただし、恐ろしく長いこのURLを打つのは一苦労だが、根気よく入力してみたところ、以下のサイトが登場。


画像

答えは簡単。出会い系の勧誘メールのようだ。アクセスするとよくあるような出会い系サイトが登場し、様々な女の子の出会い待ち掲示板が用意されているという大変オーソドックスなスタイル。出会い系は何年たっても同じようなシステムで何とも進歩が無いかと思いきや、ちょっとばかし気になる要素も。


画像

なんと、システム内で名前が表示されており、今回の設定では『杉山』と言う名前になっている。もちろん、杉山という人物は全く知らないので架空の名前のようだが、不安なのはメールを送信する際にあらかじめ相手の名前を知っているという前提であれば、これは一大事だ。

メールアドレスだけでなく、本名も相手は把握している可能性が高い。

もしこのようなメールが着信したとすれば『詐欺メールが届いたどうしよう・・・』などと、差し当たって問題にならないようなことを騒ぐよりも、自分の個人情報が漏洩し、どこぞのブラックリストに掲載されている可能性が高いことを危惧したほうがよさそうだ。

こうした問題が発生した場合は直ちに、メールアドレスを変更することを推奨する。

【記事参照】
http://www.kuronekoyamato.co.jp/info/info_100326.html

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング