日本が尖閣諸島の自然破壊を行っていると中国サイトで激怒

秒刊SUNDAY / 2012年7月8日 22時25分

edef

日本が無断に『釣魚島』に上陸し、自然を破壊している!などと中国サイトで問題になっている。釣魚島とは現在中国との領有権でもめている「尖閣諸島」のことであるが、写真を見る限り海岸線にある岩場に『日本国』とペンキでペイントしている人物がいるようだ。この写真を見た中国人は「自然破壊は許さない」などと激論を繰り広げている。



こちらの岩場に描かれた国旗は日本の自衛官が、尖閣諸島にある岩に日本の国旗をペイントしたとされている。この国旗は別の角度の写真から確認したところ、沖からでも良く見え相手国からすればかなりの威嚇になる。それに加え、岩と言う自然に直接ペイントすると言う行為に怒りを感じ、より相手を刺激する形となってしまったようだ。

中国の主張・日本の主張それぞれ言い分があるのはわかるが、中国側にはもちろん中国側に有利な情報しか伝わっていないはず。それだけに、何故日本がここまで領有権を主張するのかは殆どの国民が理解できていないようだ。

ー中国人の反応


・魚釣の自然を何だと思っているんだ
・戦争だ!
・ミサイルを撃ちこめ!
・本当に馬鹿です
・虐待だ。
・落書きはいけませんなあ。
・マスクをする必要あるのか?本当に日本人はマスクが好きだな。
・なぜ日本は釣魚台を専有できるのか理解できない。我々は今すぐ占領しに行っても問題ないはずだ。
・日本人は不法占拠だ
・おいおい、そもそも漢字で『日本』なんて書くって件に愛国心あるのか?
・自然物に落書きとは許さない!
・天罰が下ります
・中国人ならもっと面白いことをかける!
・漢字は中国語です。つまり中国のものです!


何処の国にも国境境には、いざこざがつきものだが『尖閣問題』も長期的な問題となりそうだ。

【記事参照】
http://tt.mop.com/read_12415440_1_0.html

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング