海外サイトで日本の勝負下着カラーが話題に。1番多い下着の色は・・・

秒刊SUNDAY / 2012年7月9日 22時13分

dsdssd

海外サイトで日本における都道府県の勝負下着カラーが話題になっている。パッと見、一番多い色はピンクのようだが、黒や赤もあるようだ。ついで赤や柄物に続いているようだが、このデータをもとに女子たちは何を思えば良いのだろうか。たまたまピンクだったとして誤解されるなんてことになりやしないか。早速詳細のデータを見ていただきたい。


画像:ttmopより)元:エルシーラブコスメティック

勝負下着で断トツ多い色は、やはり王道のピンク!北海道から鹿児島まで多くの地域でピンクを獲得している。やはり、色のかわいらしさや女の子らしさを表現するにはうってつけの色なのだろうか。ついで意外にも黒。黒を選ぶ理由はよく判らないが、隙を見せない女子力高いオンナであることをアピールしたいのだろうか。

男の子からすると黒はちょっぴり攻撃的。それにパンツというよりもブルマに近いイメージでピンクや白に比べ若干エロスを失う。もちろん個人的な主観なのかもしれないが、いずれにせよ淡い色に比べ敷居が高く責めずらい。

次いで赤や柄物。こちらはあからさまな『狙い色』だ。どうぞお願いしますと言わんばかりの判りやすい色でもあるが、反面恥じらいが失われ、そこに萌えを感じる男の子にとって残念な結果になることもありそうだ。

更に残念なのは、白が少数派であるということ。とはいえ、これは勝負下着。女性にとって白なんて攻撃力の無い隙だらけの色では相手に舐められちゃう!という考え方もあるのかもしれない。

海外サイトではこの結果について『なんという変態っぷりだ』『東京が東京らしくて良い』『本当に日本人は個性が無いなあ』『日本に行きたい!!!』『醤油最高!!!』などと様々なコメントをのこしているようだが、そもそもこのデータはどのようにリサーチしたのか非常に興味をそそられてしまう。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング