指導か体罰か?少年サッカークラブの動画がネットで物議

秒刊SUNDAY / 2012年8月21日 12時8分

dwdw

これは指導なのか、それとも体罰なのか?YouTubeにアップされた少年サッカーチームの練習風景が物議を醸している。動画の内容は、サッカーチームのコーチ―が少年たちに叱責。更に蹴りを一発!そして他のメンバーにはペットボトルで頭を殴るなどの暴行を加えている様子がうかがえる。動画の投稿者は子供家庭センターに通告したが、調査権がないと拒否されたと嘆いている。

画像

動画の内容としては、ミスを犯したと思われる少年たちがコーチにひたすら叱責されるという内容。さらに蹴りを浴びせられる少年や、ペットボトルで頭を強打するなどの暴行を受ける少年も。果たしてこれはサッカーの指導なのか、それとも暴力なのか、体罰なのか、ネットでは様々な論争が繰り広げられており、賛否両論のようだ。

動画の投稿者は次のようにコメントを残している

試合中「ヘタクソ!」「バーカ!」と罵声を浴びせ、ハーフタイムには、ペットボトルの飲み物を児童にぶちまけ、口を咥えさせて突き飛ばす、といった光景を目にしたため撮影-。 法務局に相談すると、看過ならない体罰であるため、通告するようにと言われ、大阪府中央子供家庭センターに通告するが、調査権がないと拒否。管轄である大東市役所の担当者-に通告しようとしたが、中央子供家庭センターと同じであり、調査しないと回答。

指導をしているコーチは、公益財団法人日本サッカー協会公認のコーチで、特別インタビューなる記事では「子供達の適当な態度にむかつき試合中ベンチから出て行ったろうと思っていました。」等と子供たちの態度に関し相当厳しい様子を伺わせている。

もちろん、義務ではなく任意で入団しているためいつでもチームを脱退することは可能だが、昨今のいじめ問題における教師の立場が弱くなりつつある状況下、ネットを使って情況が明るみになってしまった不運も重なり、この問題は穏やかに収束はしないのかもしれない。

動画URL
http://youtu.be/Rud2V1yS_wc

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング