超激安2500円で売っていた64GのUSBメモリーを買ってみた

秒刊SUNDAY / 2012年8月24日 12時4分

DSC_0262

64ギガバイトのUSBメモリーを2,500円で購入してみましたので早速レポートしたい。このレポートの経緯は丁度3年前の2009年に購入した256GBのUSBメモリーが見事に模造品(ジョーク商品)だったことを受け、今度こそ本物の巨大容量のUSBメモリーを購入したいと考えたからだ。今回はオークション等ではなくネットショップで購入

画像

まずは容量を確認する、58.1Gとほぼ64Gフルで使えるわけではないが、0KBという致命的な結果にはなっていないようなので一安心。256GのUSBメモリーを購入した際は、フォーマットを行うとメモリーが破壊されると言うとんでもない問題を抱えていたが、こちらの製品は何ら問題なくフォーマットも完了。ちなみに、本製品は台湾のメーカーTranscend社の物を購入。

―書き込みは問題ないか



画像

256GのUSBメモリーは、書き込み時にも問題があった。書き込み自体は可能だったが、次第にファイルが壊れて開けなくなる問題が発生していた。しかしこちらの商品は1ギガバイトのデータを書き込んでみたが特に壊れると言う事もなく、安定。スピードも値段の割に遅いと感じることもなく、問題はどこにも見当たらない。

―値段の妥当性



値段は2,500円で、価格コム等の調査によると、現在の64Gの相場で最安値が2,600円だ。それを踏まえると更に安いという事で、これは買いなのではないかと思われる。
64Gあれば、写真は31232枚、ビデオは352時間と90分、曲は16000曲入るので、これ一台で趣味として使うには十分なバックアップが可能ではないか。

結局のところ、なんちゃってUSBメモリーなどというフェイク商品ではなかったのは嬉しい。
ただし、このメモリーの形状がスライド式なのでそれを好まない方にはお勧めできない。

購入したお店
http://item.rakuten.co.jp/donya/82740-ss/

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング