謎の光の柱は雷ではなく何かの前兆ではと海外メディア指摘

秒刊SUNDAY / 2012年8月25日 12時27分

mystery-lights-Japan

8月18日に観測された雷の写真は、1本の太い光の柱が天を貫くと言う、通常ありえない写真でネットを震撼させた。撮影者は雷を撮影したとコメントしているが、本当にこれは雷なのか?と突っ込みを入れているのは海外メディアで、雷ではなく何かの前兆、ツングースカ大爆発も同様な現象が起きているなどとコメントしているが果たして、本当に何かの前触れなのか。




画像

問題の写真は、各地で雷が多数観測されていた8月18日の昼ごろ撮影されており、手ぶれなどの影響により雷が1本の柱のように映ってしまっている写真だ。もちろん実際そこに光の柱が立っていたわけではないが、撮影
したタイミングなどにより偶然撮影されたものだと考えられてきた。

しかしこの写真が、海外に飛び火し「日本で大変なことが起きている」などと報じている。記述によるとツングースカ大爆発の前兆と同じ現象だ等と言う記載もあり、日本で撮影された光の柱が何かの予兆ではないかと伺わせる内容だ。

また、日本ではこの光の柱の出現により大災害が起こるのではないかと、不安がっているなどと言う記載もあるが実際この写真が出回ったのはネットのみで、住民が直に見て不安がっているという報告はない。

1枚の写真が海外にまで飛び火してしまった不気味な写真。本当に雷なのか、それとも何かの前触れなのか、それとも誰かのイタズラによる愉快犯なのか、真相は時がたてば、分かるのかもしれない。

記事参照
http://www.thetruthbehindthescenes.org/2012/08/24/mystery-light-columns-appear-in-japan-2012/

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング