喜多方市の人気B級グルメ『ラーメンバーガー』試食レビュー

秒刊SUNDAY / 2012年8月27日 12時0分

DSC_0293

喜多方市で人気のB級グルメ『ラーメンバーガー』なるものを露店で販売してみたので早速購入してみた。ラーメンバーガーは、道の駅喜多の郷で売られている商品で正式名称は『喜多方ラーメンバーガー』と言う。しかしながら、大量製線ができず、本来はここでしか食べることができないのだが、各地にラーメンバーガーとして同様の商品が出没しているようだ。

画像

こちらが元祖『喜多方ラーメンバーガー』なのである。ラーメンの麺が入った生地にチャーシューやなるとなどと言った具材が入れられた一風変わったグルメ。なんと商標登録してあるので同じ商品名では販売することができない。したがって各地にある『ラーメンバーガー』は『喜多方ラーメンバーガー』とは異なる可能性が高いとのことだ。もちろん商品名が異なれば別に問題がないのだが、似たようなものであれば一般の方は区別できないのである。
さて、今回入手した物はこちらである。


画像

画像

本家よりもちょっと香ばしさが足りなさそうな、どことなくチープな香りがする「ラーメンバーガー」ただし、素材や製法が同じであれば、それに近い味がするはず。従ってこれを食べれば元祖『喜多方ラーメンバーガー』の味を少しは感じることができるのではないだろうか。

具材としては言っていた物は、チャーシュー・しなちく・もやし・なるとと言った、ラーメンの定番具材だ。つまりラーメンの具材を使ったハンバーガーであるということ自体に偽りはない。

早速食べてみると、生地はお好み焼きのような味。そこに麺が絡んでくるのでモダン焼きのような味わい。ただし、マヨネーズやソースは存在しないので、クリーミーさはない。代わりにチャーシューやもやしなどがおかずのごとく入れられているので、ラーメンと言うよりも、お好み焼きとラーメンの具材を一緒に食べていると言った感じにしか思えなかった。

もちろん、本家の味ではないのでこれが『喜多方ラーメンバーガー』だ!とはいえないが、先ほども言ったように少しは再現できているのかもしれない。

うまいかどうかは別として多くの人が並んでいるところを見ると、やはり興味本位で購入する観光客向けと言ったところだろうか。

道の駅「ふれあいパーク喜多の郷」
http://www.furusatosinkou.co.jp/restaurant/


面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング