iPhone5はワイシャツの胸ポケットに収まるのか確かめてみた

秒刊SUNDAY / 2012年9月15日 12時0分

DSC_0295

iPhone5の発表が行われ、久々にAppleの話題で持ちきりのネットですが、そのiPhone5の特徴と言えばなんと言ってもあの「縦長サイズ」であろう。縦長のiPhoneを面白おかしくいじるコラージュ画像が多数出回りちょっとしたお祭り騒ぎになりましたが、さてこのiPhone5実際に使う場合収納場所はどこにするのでしょうか。多くの方はカバンの中の方も多いはずですが、中にはポケットと言う方もいるはずだ。



さて今回試すのはこちらのiPhone。奥がiPhone5で手前がiPhone4。iPhone4の汚れは気にしないでいただきたい。普段はカバンの中に入れるか、もしくはズボンの中に入れる。カバンならまず落下することはないが、ズボンの場合、自転車をこいでいる際には落下しやすい。その為、シャツの胸ポケットに入れておくと言う方法もまれにとる。ただ、胸が重くなるのが不快に感じる方もいるはずなので、ケースバイケースで収納場所は変えるのが通例だろう。

と言う事で早速胸ポケットに突っ込んでみたいと思う。


画像


画像

iPhone4のほうは、ポケットにすっぽりと収まり快適だ。対してiPhone5のほうは、超ぎりぎりに収まっている。しかし少しでもかがんでしまうと、中に入れてあるiPhoneが見えてしまい、イコール落下しやすい危険をはらんでいるという事だ。

ちなみに、胸ポケットのサイズはおおよそ135mmだ。そしてiPhone5の高さは123mmなので、残り1センチ近くではみ出てしまう恐れがある。

いずれにせよ胸ポケットに入れておくことで、落下しやすい危険は回避できない。どうしてもポケットに入れておかないと落ち着かないと言う方は、面倒でもボタンポケットにするなどの方法を取ったほうがよさそうだ。

面白いニュース秒刊SUNDAY

トピックスRSS

ランキング